創作》歪

ある朝起きたら、視界が歪んで見えた。

真っ直ぐな筈の物には不規則な波、
人の顔のパーツは有り得ない配置、
なだらかな婉曲は弾けたようにギザギザ。

そういえば、こんな絵を描く画家がいたなぁと思い出す。
綺麗な長方形であった筈の鏡を覗くと、平凡な顔がおかしなことになっていた。
小さな目は大きく拡大され、左右の大きさもばらばら。
低い鼻はさらに低く、普通の大きさだった口は鼻よりも小さい。
耳もやたら大きいし、頭だって破裂しそうなほど大きい。

違和感あるけど、普通に生活が出来るあたりが不思議だ。
せっかく、こんな変な視界を手に入れたのだから、とあちこちを巡ってみた。

世界は面白い程に歪んでいた。
新しく出来たビルは真ん中からぽっきりと折れているし、
新品の新札は誰が汚したのかやたら汚いし、
街を歩く子供達の背後には常々真っ黒の手が後を付ける。

面白かったけど、流石に気が狂いそうで、毎日元に戻してくださいと祈りながら眠った。
一週間後の夜、目の無い神様が夢に出て来て、自分の眼をえぐり取って行った。
その夢から覚めた朝に、視界は元に戻った。
これでいいんだ。

神様の目が欲しいなんて、願うもんじゃないね。

Original Post : http://novel.ark-under.net/short/ss/58


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

めぇ〜〜♡
6

Mei.K

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。