好きなことで仕事をし続けるために、心掛けていること

好きなことを仕事にしていると、よくあるのが「好きなのに嫌いになってしまう」こと。
仕事なので、嫌になることはたくさん経験します。
それでも好きだから、続けたい。
そのために、好きでいる努力をする必要があります。

無理に上を目指さない

上手くなろう、すごい人になろうと思っていると、周りのすごい人達と自分を比べてしまうもの。
実績も技術も、続けていれば自然と積み上がります。焦らずじっくり好きなものを楽しむほうが健全に続けられます。
そして、しっかり上を目指したいなら、ちゃんと手順を踏むべきなので、やっぱり焦ってはいけないと思います。

楽しくないときは一時的に離れる

好きなことのはずなのに楽しめない、という時は、休んでもいいんです。
『好きで仕事にしたんだから』なんて、好きであることを理由に楽しくないことをするなんて馬鹿げた話です。
好きなことなら、きちんと楽しんであげられるよう、たまには離れてみたっていい。本当に好きなら、またきっと楽しめるから。

『自分のためになる』部分を明確に

何かを作る時は「自分が欲しいから」「自分が便利だから」「自分が見たいから」など、自分がどうなりたいからやっているのか、という理由を明確にします。
「お金がもらえるから」「楽しみたいから」でもいいです。
「好きだからやっている」だけでは、動機として弱くなり、上述のように「好きでやっているんだからやらなきゃ」という思考に陥りやすくなるからです。

自分を必要以上に卑下しない

好きなことでちゃんと仕事できてるのに「自分なんて本当にゴミですから」なんて卑下のしすぎは辞めましょう。
仕事した相手に失礼だし、マイナスな言葉は自分をそのイメージに縛り付けるので、成長出来なくなります。
卑下するくらいなら「自分すごい!」と褒めるようにした方がいいです。

好きなものを好きという

好きなものを好きというと、もっと好きになれます。
好きでい続けたいなら、好きだと言いましょう。

好きなものは、簡単に嫌いになることができます。
ずっと好きだった人だって、なんだか急に嫌になったりするでしょう。それと同じです。

だからこそ、好きでい続ける努力が必要なのです。
好きなことを続けている人がいたら、きっとそれはすごいことなのです。

#好きなこと #ひとりごと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

めぇ〜〜♡
3

Mei.K

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。