楽天RMS・GOLDを使ったショップサイトの作り方まとめ【HTML、CSS付き】

楽天サイトを0からどのようにデザインして作るか?

売上高は百貨店の3.8倍!出店数は44万店舗!ユーザーは一億人以上!間違いなく日本で一番大きなインターネットショッピングモールです。


こんな日本最大の楽天市場ですが、実は楽天ショップの技術的な作り方、ノウハウを公開しているサイト、本はほとんどありません。


2015年年初に急遽、楽天ショップの制作案件がきました。

まずは軽く楽天ショップについてググってみると、yahoo知恵袋に

楽天はHTMLとCSSわかっていれば、作れる

と書いてあったので、鵜のみにして「楽天大丈夫ですよ、つくってみます!」と安請け合いをしてしまいました。


実際につくることになった時、いくらググっても楽天ショップの制作における概要が見つからない。Amazonでの本を探してもない。楽天のシステムRMSのマニュアルを見てもQ&A形式でポイント、ポイントでしか理解できない。


全体の流れを把握し、どうデザインして、どうコーディングすればいいのか?

そうだ、有識者に聞いてみようと以前、通っていたWEBスクールのインストラクターに聞いてみました。

結果は「誰も知らない、作ったことない」とのこと。


次にWEBスクールのOB100人超のコミュニティーで聞いてみました。

結果、「今、楽天のメンテナンスをしているよ」という人を発見。


Skypeで「一体、楽天ショップってどう作るのですか!?」と聞いてみました。

その方はあくまでメンテナンスしかしてないので、細かい楽天RMSのテンプレートが…という話しかできず。

結局、どうデザインしたらいいの?という疑問ははれることはありませんでした。驚きですよね。44万件も店舗があって、その制作ノウハウがWEB上にないとは。

結果、力技で、作りながら一つ一つ覚えていくというやり方でなんとか制作できましたけど。


初めて楽天ショップを制作する技術者の方へ

最初につまずいたポイント、どうデザインするのか、どうコーディングするのか、作り方をまとめました。

対象は「初めて楽天ショップを作ることになった」方向けです。

すでに制作したことある方は当たり前すぎて、参考になりませんので、購入は控えた方がよいです。


このノウハウを読むことで、初めて楽天ショップを作るときに

・どういう流れで制作するの?

・GOLDと楽天RMSの使い分け

・どういう構造でデザインすればいいの?

・どうやってコーディングするの?

・何に気をつけて制作すればいいの?

ということがクリアになり、より制作スピードがアップし、時間を短縮できます。


さらに今なら、特典として「サンプルHTML、CSS」をプレゼントします。

ランチ1回分(990円)でソースもついてくるし、お得ですよ!


なお、このノウハウは2015年3月に制作した情報になります。


------------------

目次

1.楽天ショップはRMSを使ってつくる

2.楽天ショップの構成

3.楽天GOLDとは?

4.楽天RMSできること

5.Iframeは使えるのか?

6.デザインのポイント① 共通部分を作る

7.デザインのポイント② トップページのデザイン

8.デザインのポイント③ 商品ページ

9.デザインのポイント④ 商品ページのデザインテンプレートを作る

10.デザインの流れまとめ

11.コーディングをする

12.RMSでテンプレートを登録する レイアウト共通部分の登録

13.RMSでテンプレートを登録する コンテンツ共通の登録

14.RMSでカテゴリを登録する

15.RMSで商品を登録する

16.商品が登録し終わったら、目玉商品を作る

17.モバイルページを作る

18.困ったポイント

19.ソースのサンプル

20.楽天サイトを作ってみて、その後

21.まずはファンをつくることから

-------------------


この続きをみるには

この続き:5,879文字/画像8枚

楽天RMS・GOLDを使ったショップサイトの作り方まとめ【HTML、CSS付き】

中川正道

990円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

中川正道

WEB制作ノウハウ

使えるWEB制作ノウハウまとめ。ドイツ在住フリーWEBデザイナーの中川が寄稿。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。