【まくら✖ざぶとん】⑤⑥『四月馬鹿』

さあ気がつけば暦は四月、長い冬を越してやってきたのは、英語でいえばスプリングハズカム、別れと出会いの季節だが別れたり出会ったりは他人だけにあらず、三月までの自分とはバイバイして新しい自分にコンニチワ。高校生も大学生も社会人もデビューするなら四月、パターンは大きく分けて垢抜ける角取れるかの者択

中学の時イケてなかった男子は制服が変わると同時にもっさりした髪をバッサリ切り捨てコンタクトを装着、見てくれでイジられイジめられぬどころモテモテはやされるメジャーデビューまで見据え、入学式のに願う在学中のチェリーボーイ卒業こそ人生のスプリングプリーズカムトゥルー
高校の時イケイケすぎたギャル金髪スパンコールキンキラピカ女子高生から茶髪ズサンロールしたコンサバサバ女子大生にマイナーチェンジ。
大学の授業にイケてなかった就活生は取る単位も取り敢えずリクルートスーツ姿で自己PRたる修飾活動を経て社会進出、ブレストームだと新出ビジネス用語を駆使する意識高い系エクストリームサラリーマンに。

ここまでが前置き後回しにしてた本題の主役はデビュー前のオオカミ青年、言葉で騙すのに飽きた今年は四月に入るやキャラ変豹変。表情はニヒルな半笑い、口調はキザっぽく肩をすくめる仕草は外国人はだし、目と目で通じ合わせるアイコンタクトからの無言ウインクはやれやれ外国かぶれ。
急変した青年を見るに、解離性同一性障害か、変な霊にでも憑かれたか、はたまた誰かと入れ替わったのか…そんなウワサが耳に入ってこようものならにやりにんまりしてやったり。

ウソ
バレなきゃウソじゃないならウソでしたとバラすまでがウソ、三週もイメチェン続けりゃやめるにやめられず素のままありのままが恋し懐かし有難し、五月病にかかる前にドロップアウトカミングアウトことウソバラシウワサバナシウサバラシ
つまりさ、長めのエイプリルフールだったってワケ、とキザったらしく告げる顔に浮かぶにやにやおやおや相変わらずのニヒリスト。〈他人を騙すにはまず自分から〉がアダとなり、キャラがについちまってアイタタタ

おれがどんなヤツだったか、誰かこのボクにおしえてよ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

旦那、今後ともごひいきに…‼
2

【まくら✖ざぶとん】

落語の「枕」ぽい小噺で最後にオチ。 入門編は①『そば屋のカレー』と㉟『まくらのまくら』。 おすすめは0のつくゼロ目と同じ数字が並ぶゾロ目の回、そのほか③『除夜の鐘つき』⑥『三途の迷い橋』⑨『豊川の御朱印』⑲『いま何時』など。「枕」だけに下ネタも多いよ。
1つのマガジンに含まれています