僕は欠陥品?

子ぐまが聞いた。僕は欠陥品?クマが答えた。そうだね。でも、なんとかまじめに生きれば、いろんなひとが少しづつ君を認めてくれる。すると君は誰かに100%認められなくてもよくなる。誰かを100%認めなくてもよくなる。生きることは答え合わせじゃない。そしていつか君は欠陥品の誰かを大好きになる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ayumu aizawa

短いおはなし7

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。