階段とヒント。

キツネは階段をのぼっていた。古い建物がキツネに言った。あなたは、もう一度あなたの毎日をはじめる。そこであなたは大切なヒントに出会う。そのヒントは好きとか嫌いとかのレベルのものではない。むしろ苦しい。あなたが気取っていてもそのヒントはあなたの本当を見つめている。あとはあなた次第。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ayumu aizawa

短いおはなし7

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。