花を注ぎ込む。

未来で待っているのは
不幸と幸福、
どっちだろう。
子ぐまが言った。
クマが言った。

ぼくはね
こころに花を注ぎ込んで
生きていれたら
どっちでも構わないよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ayumu aizawa

短いおはなし7

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。