本がひとを選ぶ。


魔女の帰郷は本当に好きな一冊。嫌いなひともいるだろうな、私がこんなに好きなくらいだから。一冊目と仕様は同じだけど全くちがう。光を強く閉した鉱石のような本。草舟さんは、この本は本がひとを選ぶと言ってくれた。疲れても倒れても気にならない。私はこの本に選ばれているから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ayumu aizawa

うたとことば4

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。