『余白』を制するものがTwitterを制すので、実際に証明してみました。

こんにちは、めるしぃです。

みなさん『余白』って聞いたことありますか?

Twitter運用を考えているならおそらく一度くらいは耳にしたことがあると思います。

でも、『余白』と言われてもアバウトすぎてよく分からない。
って思いません?

僕もよく、「『余白』をデザインしてくださいね〜」って言うんですけど、余白の説明を言語化するのってマジで難しい。

で、めるしぃ諦めました。
そして、決めました。

「実際に体感してもらおう!!!!!」

って。

百聞は一見に如かずって言葉もあるくらいですしね。

早速見ていきましょう。

こちらが実際のツイートになります。
300いいね近くついています。

まぁ、今回大事なのはそこじゃないのでひとまず置いておきます。

文章を抽出してみました。

■インフルエンサーへの絡み方コツ

まず、大前提として絡むときは
絶対に『引用RT』ね。
(通知欄で超目立つ)

絡むときに使える『ワード集』を
いくつかご紹介するやで。

1. めっちゃ勉強になった!
2. 〇〇さんの〇〇超オススメ!
3. 僕も〇〇やってみます!
4. 〇〇とかどうです??
5. うんち

このツイートの余白部分ってどこか分かりますか?
もちろんお分かりですよね。

そう、『うんち』です。
このツイートの最大の肝は『うんち』なんです。

頭おかしいんじゃないかと思われるのは嫌なので、戦略的うんちであることを今から解説していきます。

(戦略的うんちってなんだよ…)

-------------------------------------

1. 文章を分解してみる

各段落ごとに、ちゃんと狙いがあるので解説していきます。

「インフルエンサーへの絡み方コツ」

狙い:結論からいうと、このツイートの狙いは『余白』を利用してのバズを生むことだったので、この見出しにすることで自然にめるしぃに絡みにくる言い訳を作ってあげた。


「まず、大前提として絡むときは絶対に『引用RT』ね。(通知欄で超目立つ)」

狙い:先ほども言ったように、バズを生むためには拡散がかかせない。
そして、特に引用RTは効果的。
なので、絡み方(拡散の仕方)を無意識のうちに引用RTに限定させた。


「絡むときに使える『ワード集』を
いくつかご紹介するやで。

1. めっちゃ勉強になった!
2. 〇〇さんの〇〇超オススメ!
3. 僕も〇〇やってみます!
4. 〇〇とかどうです??」

狙い:有益情報ツイートの鉄板の型を使用。
バズりやすさも兼ね備えた有能の型。

おそらくこの段階で、ある程度のバズは見込めている。
(ただこれだけだと、あるものが足りない。)

そう、『余白』だ。
言い換えると、『ツッコミどころ』だ。


「ついに登場。
本日の主役『うんち』である。」

狙い:この『うんち』によって、このツイートに唯一欠けていた『余白』をデザインしている。

これによって、有益+余白が合わさったツイートが完成した。
いわば、最強のツイートだ。

僕がもしフォロワーなら、迷わず「うんち」と、引用RTしている。

-------------------------------------

2. 実際の反応(一部)

予想通りである。

このnoteを読んでる人の中には、実際に無意識に引用RTをしてしまった人もいるのではないだろうか。

ちなみに今の段階で約200以上の『うんち』が通知欄に届いている。
地獄みたいな通知欄だ。

-------------------------------------

3. 余白がもたらす効果

分かりやすい効果はこんな感じ。

☑︎300近くのいいね
☑︎200以上の引用RT
☑︎約100人の新規フォロワー獲得

これだけでも、余白の有効性は分かってもらえるかと思います。

たった1ツイートしただけで200人以上のTLにめるしぃが流れたんです。
拡散希望をお願いすることもなく。

このコスパの良さ分かりますよね。

そして、余白は『ファン化』にも大きく影響してきます。

ファン化する上で、超重要な要素が「取っ付きやすさ」です。

「余白」をうまく使うと「取っ付きやすさ」も同時に演出することができるんです。

-------------------------------------

■まとめ

余白を簡単に作り出すコツは

「有益」→「無益」の流れでデザインすること。
ギリギリまで、有益だと思わせておいて最後にオチをつける。

これが、僕がよく使う手法です。

これとかも全く同じ型を使ってます。

マジでこれ、僕のとっておきのノウハウなんで真似されたら普通にしんどいですが、マジ余白って最強なのでみんな使ってみてください。

あ、「うんち」って言えば余白が作れるわけじゃないので勘違いしないように。

☑︎ついツッコみたくなる
☑︎つい絡みたくなる

を、自分なりにデザインしてみてください。

このnoteを読んで、少しでも何か気づきがあったよー!!
って人は、ぜひ感想ツイートをしていただきたいです。

※100%RTさせていただきます。

-------------------------------------

■注意喚起

一応、直後にネタバラシはしてたんですけど、

いまいち反応ないし『本質』を
見ようとするクセが足りないよみんな!!!!

ってなりました。

目先の有益さだけ追ってると、本質を見失いがちです。
で、簡単に人に左右されすぎです。

僕は引用RTで「うんち」を誘発しただけですが
もっと賢い人はたくさんいます。

で、その人が本気出したら
たぶん、100万とか余裕でカモられます。

まずは「疑う」クセを付けましょう。
カモにならないようにしましょう。

実績を鵜呑みにしないようにしましょう。
尊敬しすぎるのはやめましょう。

自分を守れるのは自分だけです。

最後は全く関係ない話になってしまいましたが、
普通に気をつけた方がいいです。

で、余白はマジで使いこなせるようになった方がいいです。

以上、高橋一生でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

213

めるしぃ

n

1つのマガジンに含まれています

コメント1件

余白につられて見てみたら色々と予想外のことが書いてあってびっくりです。自分も突っ込みどころ満載と言われるのでその突っ込みどころを利用していきたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。