柏木誠|プロジェクトデザイナー / 週末は『良い問い.com』編集長

noteは思考の整理、議論ネタ、自分メモで年300記事程度。「リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書」14章主役。|問いを創り未来を企む。プロジェクトデザイナー / 良い問いを創る。yoitoi.com 編集長 https://www.yoitoi.com/
固定されたノート

プロジェクトデザイナーという私の肩書・職種の役割と働き方について考える

2017年からプロジェクトデザイナー( Project Designer )を名乗っています。(言ったもん勝ち。googleで「プロジェクトデザイナー」と検索すると最上位に来るようになりました。)

このプロジェクトデザイナーという肩書・職種を名乗っている人は、私以外でも何人かいるようですが、2019/4/30、つまりは平成中に直接お合いしたことがありません。多分まだまだ希少です。

本noteは

もっとみる

「と思います」が、意志を弱める

2年前の夏にコピーライターの梅田悟司さんが電通時代に電通報に「と思います」禁止令、というブログを書きました。

私も、ウンウンなるほど。と非常に感銘を受けて、私もそれで行こう!とnoteに書いておきました。

「と思います」禁止令

「人の心に響く言葉とは何ですか?」
そんな質問に対して、私は答えの一つとして「明確に未来を打ち出す言葉」と答えることがあります。学校の教科書では断定として登場する表現

もっとみる

知的な五つの態度

4年位前で非常に拡散された、安達裕哉さんのブログを再度読み直しています。それは「知的な人物かどうか」という判断の基準に関するもの。

どんな立場であれ、忘れずにしておきたい態度。
その五つの態度を書いておきますね。

何故か?と思ったら、安達裕哉さんのブログを読んで。

知的な五つの態度

一つ目は、異なる意見に対する態度

二つ目は、自分の知らないことに対する態度

三つ目は、人に物を教えるとき

もっとみる

本日は、とある会に参加。
素晴らしい人達ばかりでした。

まぁ飲み会と言えばそれまでなんですが、いろんな背景の人達がたくさんいて、とても沢山の刺激もらいました。

たくさん話したな。
頭ちょっとオーバーヒート。

提案資料、楽につくれないか?

最近提案資料をもっと楽につくれないか?を考えています。

楽につくる?

これは手を抜くとか、テンプレート化するとか、そんな意味じゃなく、最近提案する人数がすごく増えてきているので、今までのやり方では通用しなくなってきた。なので「もっと楽につくれないか?」を考えて実行する必要がある。(切実!まぁ追い詰められてはいないけど。)

もちろん、提案力は落とさずに。
そのあたりの目指すイメージは数日前にと

もっとみる

「抵抗勢力とどう向き合うか?」を考え、きちんと対応することは、プロジェクトの成功確率をものすごーくUPするよ!って話

乱読乱読!な3連休が終わり、気がつけば水曜日の夜。
連休中に書評をまとめる予定でしたが予定は未定。で少し遅れて本日「抵抗勢力との向き合い方」の書評を書こうかなと・・・。

ちなみに「抵抗勢力との向き合い方」の著者、榊巻亮氏が所属するケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズの皆様とは比較的仲良く、本の著者、榊巻亮氏もまぁ知った仲ではあります。(私が尊敬するコンサルタントの1人)そして思考が似ているの

もっとみる