狂ったアイデア

アイデアを考えるときに大事にしている視点があります。

良いアイデアより狂ったアイデアを

スタートアップにとって良いアイデアとは、「悪いように見えて」「実は良い」アイデア である。つまり一見狂ったようなアイデアでなければならない。普通の良いアイデアなら 合理的な大企業や他の企業が実施しているので、スタートアップが狙うべきではない。

これは以下の馬田隆明さんのスライド
「あなたのスタートアップのアイデアの育てかた」で知ったものです。

こちらも!

逆説のスタートアップ思考

---

Photo by Júnior Ferreira on Unsplash

:::::::

noteは年300記事程度の更新頻度。
「プランナー&デザイナーの思考、考え方」「リーダー育成」「新規事業開発」「プロジェクトマネジメント」「プロジェクトファシリテーション」を中心に書いていきます。興味のある方、是非フォローして最新記事を受け取って頂ければ幸いです。

運営サイト:良い問いを創る。yoitoi.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

アレとソレを組合せてみたらコノ課題を解決できるソリューションができるよね?と言うパズルをやるような思考回路です。サポートして頂いた費用は、プロジェクト関連の書籍購入やセミナー参加の資金にします。

年300記事程書いています。がんばります。
12

考えるための大事な視点・考力

2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。