パラシュート

パラシュートなしで飛行機から降下できるか?-ハーバード大学の衝撃研究の真相は

半年ほど前に話題になっていた話。

「飛行機から飛び降りるときに、パラシュートをつけていてもいなくても、死亡や大けがのリスクは変わらない」

世界的に有名な医学誌BMJ(英国医師会雑誌)に掲載された「検証実験」の結果です。しかも研究したのはハーバード大学などに所属する、れっきとした「医療専門家」たち。

さて、どんな落ち方をしたのか?
何を研究したのか?論文はこちら

「パラシュートの効果」を検証する実験

研究チームは次のような実験を行いました。

18歳以上の男女23人。
参加者はランダムに2つのグループに分けられました。
片方には飛行機から「パラシュートをつけて」飛び降りるように指示。
片方には「単なるリュックサックを担いで」飛び降りるように指示。

飛び降りた後、地面に衝突して何が起きたか?研究者が専門の調査用紙を使って確認し、それぞれのグループで「死亡」や「大けが」になった人がどのくらいいたかを調べました。

結果

パラシュートをつけた人とつけなかった人で、死亡や大けがの発生件数は変わりませんでした。

↓どんな落ち方をしたのか?

↓特殊なリュックサックなのではないか?

↓衝撃を吸収するスーツを来ているのではないか?

真実は1つ

「飛行機は飛んでいなかった」

なぁ〜んだ、とただ思うだけではなく、前提をどう捉えるのか?どう疑うか?という視点で見るとなかなか面白い。

---

Photo by Lucas Mordzin on Unsplash

:::::::

noteは年300記事程度の更新頻度。
「プランナー&デザイナーの思考、考え方」「リーダー育成」「新規事業開発」「プロジェクトマネジメント」「プロジェクトファシリテーション」を中心に書いていきます。興味のある方、是非フォローして最新記事を受け取って頂ければ幸いです。

運営サイト:良い問いを創る。yoitoi.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

アレとソレを組合せてみたらコノ課題を解決できるソリューションができるよね?と言うパズルをやるような思考回路です。サポートして頂いた費用は、プロジェクト関連の書籍購入やセミナー参加の資金にします。

ありがとうございます!
7

柏木誠|プロジェクトデザイナー / 週末は『良い問い....

noteは思考の整理、議論ネタ、自分メモで年300記事程度。「リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書」14章主役。|問いを創り未来を企む。プロジェクトデザイナー / 良い問いを創る。yoitoi.com 編集長 https://www.yoitoi.com/

考えるための大事な視点・考力

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。