〇〇の問題意識を共有する会 episode 10 - 採用担当編 - 良い人いない?って簡単にいわれても

完全招待制イベント「採用担当の問題意識を共有する会」を開催しました。今回の役割もイベントの設計と当日の(ゆるい)ファシリテーター。

主宰:花本 昌史 / 柏木 誠 / Special thanks 伊藤孝夫
開場提供:プルデンシャル生命保険株式会社

背景

採用担当者の皆さん。仕事の内容が多岐に渡って大変じゃありませんか?
例えば、以下の側面。
① 自社の仕事や文化と応募者の適性をちゃんと判断する。
 ⇒適正の判断って・・・。
② 新卒や中途などの応募者に自社の魅力を伝える。
 ⇒twitterとかでやればいいの?・・・。
また、エンジニアとかの人気職種も採用も大変ですよね。

そこで!「企業の中の採用担当」を集めて、まずは「採用担当の問題意識を共有する会」をやってみようと言う話になりました。
同じ職種である「採用担当」が集まり、採用のあるある!を言い切って、問題意識をとにかく出し尽くす。
そして、問題意識の解像度を上げていきましょう!

タイムスケジュール

19:00 スタート
主催者から挨拶 / 会場の説明 / 主催LT / 会場提供様LT
19:15 各テーブルで悩みをテーブル毎に共有
20:15 各テーブルで話した内容を皆に共有
(各テーブル2〜3分くらい)
20:25 ご歓談
21:30 1回締め
その後はテキトーに

多分よくある悩み(私が会を始める前にイメージしたもの)

・採用基準ってどうしている?
・自社の魅力を伝えるのは私達の役割?
・欲しい人材イメージをちゃんと教えてよ
・我が社、そんなに有名じゃないからね!
・エージェントとどう付き合っている?

参加メンバー

参加メンバーは私を含めて10名
いわゆる大企業からベンチャー、採用担当の兼務するCOOも

当日の私のLT資料のnote

問題意識を共有する会 - yoitoi.com

:::::::

noteは年300記事程度の更新頻度。
「プランナー&デザイナーの思考、考え方」「リーダー育成」「新規事業開発」「プロジェクトマネジメント」「プロジェクトファシリテーション」を中心に書いていきます。興味のある方、是非フォローして最新記事を受け取って頂ければ幸いです。

運営サイト:良い問いを創る。yoitoi.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

アレとソレを組合せてみたらコノ課題を解決できるソリューションができるよね?と言うパズルをやるような思考回路です。サポートして頂いた費用は、プロジェクト関連の書籍購入やセミナー参加の資金にします。

読んで頂きありがとうございます。
4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。