プロとアマチュアの企画の違いは何か?。あるいは企画のプロフェッショナルとは何か?

「良い問い」を創る。とは何か?を考えている。
「良い問い」を創る。の場のデザインについて考えている。
私が何度か開催している「〇〇担当の問題意識を共有する会」。これは「問題意識の解像度」を上げることが目的の1つ。そして「問題意識の解像度」を上げたその先に「良い問い」ができるのではないか?とおぼろげながら考えている。

「プロとアマチュアの企画の違いは何か?」と言う問い。

自身が企画者なので「プロとアマチュアの企画の違いは何か?」と言う「問い」について、何を返すべきか、をよく考えている。繰り返し自問自答している。

気に入っている答えのひとつ

プロは切り捨てる。アマチュアはすべて取りこむ。

高橋 宣行著「博報堂スタイル」の中にある言葉です。

博報堂スタイル

以下、本より一部抜粋

切り捨てることはとてもチカラのいること。
全体が見えないと判断できまない。
相手が読めないと切れない。
仮説を持たないと捨てられない。
プロは捨てます。バサッと切ります。単純さの中で勝負します。

人に理解させ、感動させるために、引き算の中で技を磨く話です。

「単純な構造ほど感動しやすい。名人は捨てる。けずり落とす。」と作家の倉本聰さん。

:::::::

noteは年300記事程度の更新頻度。
「プランナー&デザイナーの思考、考え方」「リーダー育成」「新規事業開発」「プロジェクトマネジメント」「プロジェクトファシリテーション」を中心に書いていきます。興味のある方、是非フォローして最新記事を受け取って頂ければ幸いです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

アレとソレを組合せてみたらコノ課題を解決できるソリューションができるよね?と言うパズルをやるような思考回路です。サポートして頂いた費用は、プロジェクト関連の書籍購入やセミナー参加の資金にします。

noteに書くことで思考の整理ができます。読んでくれてありがとう。
19

考えるための大事な視点・考力

2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。