見出し画像

「世界人口が今後30年で減少に転じる」という、常識を覆す「未来予測」

SNSで何人かシェアしていた「世界人口が今後30年で減少に転じる」という、常識を覆す「未来予測」の真意、非常に興味深いのでnoteにメモしておきたい。

「世界人口が今後30年で減少に転じる」という、常識を覆す「未来予測」の真意

2050年までに地球上には90億の人間が溢れ、2100年には110億人にまで膨れあがる──。そんな国連の予測に異議を唱える書籍が米国で話題になっている。米国で2月5日に発売された『Empty Planet(無人の惑星)』の著者ふたりは、なぜ数字の山を丹念に読み解くことで、従来とはまったく違った未来予測を提示することになったのか。

WIREDの記事より、人口が減少する話

国連の人口予測モデルは
・出生率
・移動率
・死亡率
の3つのデータに基づいている。

そこには女子教育の普及や、都市化の速度は考慮されていない。
そこで女子教育率の改善という変数を新たに加える。

それだけで、2100年の世界人口の数字は劇的に小さくなり、80億から90億の間になる。(国連の予測は110億人)

女子教育率の改善は、SDGs / 目標4 質の高い教育の普及にも包括されているので、ひょっとしたら日本に限らず、世界の人口も減少に転じるのかもしれない。

Empty Planet(無人の惑星)

----

Photo by Juliana Kozoski on Unsplash

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

アレとソレを組合せてみたらコノ課題を解決できるソリューションができるよね?と言うパズルをやるような思考回路です。サポートして頂いた費用は、プロジェクト関連の書籍購入やセミナー参加の資金にします。

年300記事程書いています。がんばります。
3

柏木誠|プロジェクトデザイナー / 週末は『良い問い....

noteは思考の整理、議論ネタ、自分メモで年300記事程度。「リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書」14章主役。|問いを創り未来を企む。プロジェクトデザイナー / 良い問いを創る。yoitoi.com 編集長 https://www.yoitoi.com/

考えるための大事な視点・考力

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。