「BARKS」でAK-69さんの映像作品『DAWN in BUDOKAN』についてインタビューしました。


だいぶ前になりますが、AK-69さんが昨年行った武道館公演、その映像化作品『DAWN in BUDOKAN』について「BARKS」でインタビューしました! ヒップホップシーンをリードする存在のAKさんですが、今回は音楽よりも映像として観るということに徹しました。

照明への拘り、演出と楽曲の関係など、アルバムのインタビューとはまた違ったところに光を当てられたかなと。実際映像を観ると、横から刺すような細い光がたくさん出て来る箇所とかヤバいですね。細かく照明に拘れないフェスだと映えない曲があるという話もとても勉強になりました。是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事が気に入ったら、サポートをいただけると幸いです。100円から投げ銭できます。いただいたサポートは、DJイベント「Soul Matters」の運営費として使わせていただきます。

2

インタビュー

DJ、レコードコレクターの方々ヘのインタビューをお届けします。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。