松浦俊夫さん、菊地成孔さん出演のイベント、TOSHIO MATSUURA PRESENTS「LOVEPLAYDANCE」の告知文を執筆しました。

12月8日(土曜)23時から渋谷Studio Freedomで行われる、松浦俊夫さん、菊地成孔さんのDJ、ライブでジミ・テナーが登場というイベントに、文章を寄稿しました。イベントの前売りはこちら

今の所、読めるのがFacebookだけなので、noteにも転載します。イベント関係者ではない自分にご依頼頂いたのは、インフォだけの告知文を越えた文章が欲しいということだと思います。自分なりの考察というか、松浦さんと菊地さんがイベントをやるにあたって、その意味付けを潜り込ませたつもりです。

以下告知文です。

---------------------
12月8日(土)、松浦俊夫が主催するパーティ「LOVEPLAYDANCE」の第2回が開催される。U.F.O.(United Future Organization)のメンバーとしてはもちろん、ソロ転向後も、長年に渡ってジャズとダンスミュージックを牽引してきた松浦。2018年には、サウスロンドンを中心に大きな盛り上がりを見せるUKジャズシーンとコネクトした新プロジェクトTOSHIO MATSUURA GROUPを始動させ、アルバム『LOVEPLAYDANCE』をリリースした。

自身のアルバム名を冠したこのパーティで、今回ゲストDJとして招くのは、鬼才、菊地成孔だ。ジャズミュージシャン、プロデューサー、批評家、選曲家といったさまざまな顔を持ち、多方面に影響を与え続ける菊地だが、クラブDJとしても評価が高い。また、2DJ、1バンド+αという体制で、ハーフスタンディング、ハーフシッティングのジャズによるダンスパーティー「モダンジャズ-ディスコティーク新宿」を主催するなど、ジャズ、DJ、フロアの新たな関係を模索するような試みも行っている。松浦と菊地、それぞれ別の仕方でジャズとダンスについて追求してきた2人が、同じブースに立ってどのようなDJを聴かせるのか、期待は膨らむばかりだ。

もう1人のゲストとしてライブを披露するのは、フィンランドの奇才、ジミ・テナー。テクノ、スピリチュアルジャズ、アフロビートなどを横断し、Warp Recordsから3枚のヒット作を放つなど高い人気を誇るジミ・テナーだが、この日は久々の来日となる。さらに、国内レーベルJAZZY SPORTのダンサー集団「Broken Sport」も参加し、フロアに華を添える。

会場となるのは、今年9月にオープンした渋谷の新スポット「Studio Freedom」だ。同会場は、ライブ・イベントやレセプションなどに活用できる300名の収容が可能な新しい多目的イベント・スペースになっている。VJには「100 VISUALS」を迎えて、270インチの大型LEDパネルにアーティスティックな映像も展開する予定だ。奇しくも菊地の「モダンジャズ-ディスコティーク」と同様、2DJ、1ライブ+αという形態になった今回の「LOVEPLAYDANCE」、刺激的なジャズとダンスの空間になることは間違いないだろう。

島 晃一(Soul Matters)

---------------------
「LOVEPLAYDANCE」の前売りは:
https://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002279437P0030001

「LOVEPLAYDANCE」のFacebookイベントページは:https://www.facebook.com/events/330807174406063/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事が気に入ったら、サポートをいただけると幸いです。100円から投げ銭できます。いただいたサポートは、DJイベント「Soul Matters」の運営費として使わせていただきます。

4

Works

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。