ちょっとした物語の構成論



だれかになにかを依頼されて、
異世界的なところへ行き、
帰ってくる話
もしくは依頼されたことをクエストして、
栄誉を手に入れる。
もしくは、依頼されたわけではないけれど、
主人公にとって大切なものを取り返すため、
救出するために何かをクエストしたり、
クリアしたりする話(脱出系なども含む)

『ドルアーガの塔』や、『スーパーマリオブラザーズ』などその他多数。

おいおいそれはコンピュータゲーム(わらい)

というよりも敢えてここに記さずとも、物語の大半はこんな感じ。



なにかほしいもの、
手に入れるべきものがあって、
自ら異世界へと果敢に行き、
帰ってくる話。

『やし酒飲み』、『青い鳥』



偶然、
わけのわからぬ異世界に放り込まれ、
さまざまな受難に翻弄されるが、
また現実に戻ってくる。

『アリスシリーズ』とか『ガリヴァー旅行記』などなど。

『不思議の国のアリス』のアリスを突き動かしてるのは、
好奇心や興味本位。

『ガリヴァー旅行記』のガリヴァーを突き動かし航海へと何度も出発するのは、
冒険心や好奇心や、
航海マニアというファクトによる。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。