見出し画像

ユニクロは何故飽きられたか●情報小料理屋 2016/06/05


ある日、突然捨てられる会社~ユニクロ、マックの失敗は他人事ではありません。人は飽きる? その事実から逃れられる経営者はいない(現代ビジネス)

 飽きられてはいないと思うのだが、ユニクロの業績が悪化している。ここには、急激に成長した企業が直面する、大きな落とし穴があるのではないか。

 ユニクロが登場した頃は「安いだけの商品」だった。学生たちに「ユニバレ」という言葉がはやり、ユニクロを着ていると「安もん着てるな」とバカにされたりもした。そのことは、ユニクロ自身が誰よりも分かっていたはずだ。

 それがだんだんと成長し、マスコミを持ち上げるようになった。世界企業になり、柳井さんも有数の資産家になった時、自分らの企業にプライドを持ちはじめたのだと思う。

 世界の一流デザイナーとコラボしたり、著名なクリエイターである佐藤可士和をプロデューサーにして「ビックロ」を作ったりして、時代をリードするかのような振る舞いを見せるようになった。

 昔、ユニクロの商品には、ブランドタグがついていなかった。「ユニバレ」のコンプレックス意識を、ユニクロ自身が持っていたからだと思う。まさに「無印」そのものであった。それが、数年前から、ブランドタグがつくようになった。それを見た時、「ああ、ユニクロもやばいな」と僕は思った。

 小さな会社が、小さいことにコンプレックスを抱きつつ、「より良い品物を安く消費者に提供したい」という心意気で商品を提供しているうちは、消費者の信頼感は増す。しかし、成功して、自らの方法に確信を持った瞬間、消費者の意識とズレる。消費者にコンセプトを提供し、時代をリードすると考えたことが、最大の落とし穴なのだと思う。成功企業が自社ビルを建ててから衰退するという例もある。

この続きをみるには

この続き:469文字
記事を購入する

ユニクロは何故飽きられたか●情報小料理屋 2016/06/05

橘川幸夫

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕のテキストは誰に頼まれて書いたわけでもない、自分の意志でテーマを選び書いています。サポートしてくださる方は「時代からの原稿料」と思っています。いいねえ、すべて、の原稿料や商品代金が、こういうサポートになればよいのに。

感謝。
21

橘川幸夫

参加型社会一筋

橘川幸夫コミュニティ・マガジン(思考note)

参加型メディア一筋。メディアの活動家、橘川幸夫が体験した中で感じたこと、考えてきたことをベースに、時代のシーンに対して考察します。月額1000円。★since 2016/04
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。