見出し画像

令和の時代開始の意味

 令和元年おめでとうございます。
 新しい時代がはじまります。
 これは単なる記号の問題ではないと思います。

 僕たちは、時代の大きな流れの中に存在し、過去から未来に向けて、たゆたう存在です。「森を見る力」を援用して、僕たちの現在を少し高い視点で見てみましょう。

 夏目漱石や森鴎外などの明治の文豪の書籍を読むと、現代を生きる僕たちの心性に訴えかける共通の情感や問題意識を感じることが出来ます。しかし、井原西鶴や式亭馬琴などの江戸文学を読んでも、同じ日本人として通じるものはありますが、あまりリアリティを感じることは少ないと思います。

 つまり、僕たちの精神は、明治維新以後に築かれたものの延長線上にあり、明治という時代は、それまでの過去の意識をダイナミックに捨て去り、新しい領域へ日本人を連れていったものだと思います。それは近代化ということです。

 農業を中心とした生活と文化を長く続けた日本人が、西洋の近代文明に触れ、圧力を受け、工業を中心として社会構造に大変革したのです。学生時代に夏目漱石の文学に触れ、日本近代文学の中心的人物が、なんで近代を称賛せず、むしろ、近代化していく日本に傷つき、腹立たしく感じていることが不思議でした。日本の近代文学は、近代の称賛ではなく、新しい価値観に痛めつけられ、鬱屈した精神状態になっていくことを文学にしたものでした。

 それは、今の僕たちにも通じる感覚ではないでしょうか。今、極端な近代化・合理主義化のIT社会が押し寄せています。しかし日本人は、農業コミュニテイで築いた文化を内在化して、日本近代文明を築き上げたことも事実です。

 さて、令和という時代を考える前に、明治からの時代の流れを見て見ましょう。僕は、こう見ます。

 明治、大正、昭和、平成という時の流れを、日本近代化の「起承転結」として見ます。
 明治は、まさに西洋に門戸を開き、新しい文明の時代に向けて「起立」した時代だったのでしょう。それは若い志士たちや実業家たちの情熱とリンクしていました。
 大正は、「起立」した志を「承る」時代でした。内省化の時代で、それは、大正デモクラシーという日本の内部に導入された欧米化と融合して、新しい文化を育てました。
 昭和は、まさに「転回」の時代であり「展開」の時代でありました。前半は、軍事で世界に広がり、後半は貿易で世界に広がっていきました。
 平成は、そうした明治・大正・昭和の流れを総合的に受け止め、日本近代化の終わりを確認する時代だったと思います。実際に、近代の中で構築されたさまざまな社会システムや組織が、内的崩壊によって崩れていきました。時代の瓦解音が聞こえないでしょうか。

 日本近代が平成で終わるのです。
 そして、「結」は新しい「起」でなければなりません。
 その「起」は、明治維新に戻るのではなく、日本近代を超える、新しいスタートラインにならなければなりません。名前はまだありません。

 西欧は、西暦で考えますから1990年代が世紀末として、21世紀になって、一気に新しい西洋近代文化であるインターネットの世界に突入していきました。日本は、西暦の文化がなかったので世紀末を有効利用出来ずに、世界の流れに追いつけませんでした。

 しかし、令和の時代変換は、日本だけが可能にする歴史の転回点です。
近代の方法論を超える動きは、平成の中で、さまざまな人が、さまざまな領域で追求してきました。その人たちと連携し、日本の新しい文化の時代を開始したいと思います。

 作ったものは壊れる。
 生まれるものは壊れない。

新しい時代は、組織や国家の仕組みを作り直すことではなく、ひとりひとりの自発性がつながっていくライブ的な参加型社会のはじまりです。

 新しい時代を生み出しましょう。

                        2019/05/01
                        令和元年
                        橘川幸夫

この続きをみるには

この続き:78文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
考えることが好きです。考えて、すぐ試してみることが好きです。試しながら考えを調整したり、最初から考え直してみたりすることが好きです。言葉の力を信じています。自分の考えを言葉にしようしない人を信じません。一緒に考え言葉にしていきましょう。

参加型メディア一筋。メディアの活動家、橘川幸夫が体験した中で感じたこと、考えてきたことをベースに、時代のシーンに対して考察します。月額...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕のテキストは誰に頼まれて書いたわけでもない、自分の意志でテーマを選び書いています。サポートしてくださる方は「時代からの原稿料」と思っています。いいねえ、すべて、の原稿料や商品代金が、こういうサポートになればよいのに。

顔、ほころぶ。
40

橘川幸夫

参加型社会一筋

橘川幸夫コミュニティ・マガジン(思考note)

参加型メディア一筋。メディアの活動家、橘川幸夫が体験した中で感じたこと、考えてきたことをベースに、時代のシーンに対して考察します。月額1000円。★since 2016/04
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。