見出し画像

出版と教育

 出版活動は、広義の教育であり、社会全体に対する教育(啓蒙)活動になると思う。それは哲学だろうと金儲け術だろうと旅行ガイドだろうと同じ。

 しかし出版は「ステージの上で演じるパフォーマンスである」。読んでくれる人は、その著者にシンパシーがあるか、多かれ少なかれ関心を持った人に限られる。時々、イベント会場の外から、読みもしないで文句を叫ぶ人が現れるが、そういう人は無視をすればよい。多かろうが、少なかろうが、著者の文章による演奏を聞きたい人が聞いて、楽しめればよい。

 しかし、学校における教育はそうはいかない。多くの学生は、講師の先生の実態を知らない。話を聞いて関心を持つ場合もあるだろうし、まるで関心を持てずに、単位だけ取れればよいと思う学生もいる。そういう環境の中で、著者が講演会をやるように授業やっても、まるで噛み合わない。噛み合わないからと言って、「最近の学生は感受性が低い」とか「程度が低い」と言っても始まらない。そういう現実に向かい合うことが教育である。まずは構造が違うことを知らなければならない。

この続きをみるには

この続き:738文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
考えることが好きです。考えて、すぐ試してみることが好きです。試しながら考えを調整したり、最初から考え直してみたりすることが好きです。言葉の力を信じています。自分の考えを言葉にしようしない人を信じません。一緒に考え言葉にしていきましょう。

参加型メディア一筋。メディアの活動家、橘川幸夫が体験した中で感じたこと、考えてきたことをベースに、時代のシーンに対して考察します。月額...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕のテキストは誰に頼まれて書いたわけでもない、自分の意志でテーマを選び書いています。サポートしてくださる方は「時代からの原稿料」と思っています。いいねえ、すべて、の原稿料や商品代金が、こういうサポートになればよいのに。

あんがと。
3

橘川幸夫

参加型社会一筋

橘川幸夫コミュニティ・マガジン(思考note)

参加型メディア一筋。メディアの活動家、橘川幸夫が体験した中で感じたこと、考えてきたことをベースに、時代のシーンに対して考察します。月額1000円。★since 2016/04
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。