地球縄文化計画(1)


1.日本の世紀末

 令和の単語登録はしましたか。GOOGLEの日本語登録をすると「りょうわ」が出てくる。りょうわの方が年号的な音色かも知れない。

 2000年に西洋歴の世紀末を越えて、欧米ではさまざまな社会構造のシフトチェンジが一気に進んだ。その中心にいたのは、若者たちと、若者たちの理解者であり支援者であった大人たちである。中国は、国家が支援者になって、若者たちの向学心と出世欲を鼓舞した。その結果、世界の次の文明を担う最前線にいるのは、欧米と中国の人たちばかりになってしまった。

 戦後の焼け跡から驚異の復活を遂げ、欧米をキャッチアップして高度成長を遂げた日本は、西洋世紀末のパラダイムシフトの流れに乗れず、ひたすら、先行する欧米と中国のサポート事業ばかりに熱心になった。B2Bという名前の下請け業務に、なぜか全組織をあげて取り組んだ大企業がある。

 ビジネスは、ラーメン屋をやるより、ラーメン屋の大家になった方が儲かる、という説が流行った。ラーメン屋は成功することもあるだろうが、失敗することもある。しかし大家の家賃収入は変わらない。ラーメン屋が潰れれば、別のテナントを入れればよいだけだ。

この続きをみるには

この続き:1,304文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
考えることが好きです。考えて、すぐ試してみることが好きです。試しながら考えを調整したり、最初から考え直してみたりすることが好きです。言葉の力を信じています。自分の考えを言葉にしようしない人を信じません。一緒に考え言葉にしていきましょう。

参加型メディア一筋。メディアの活動家、橘川幸夫が体験した中で感じたこと、考えてきたことをベースに、時代のシーンに対して考察します。月額...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕のテキストは誰に頼まれて書いたわけでもない、自分の意志でテーマを選び書いています。サポートしてくださる方は「時代からの原稿料」と思っています。いいねえ、すべて、の原稿料や商品代金が、こういうサポートになればよいのに。

顔、ほころぶ。
16

橘川幸夫

橘川幸夫コミュニティ・マガジン(思考note)

参加型メディア一筋。メディアの活動家、橘川幸夫が体験した中で感じたこと、考えてきたことをベースに、時代のシーンに対して考察します。月額1000円。★since 2016/04
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。