佐野氏問題引き続き

 佐野氏問題は、ネットの中で、引き続き作品の元ネタ探しを続けたり、事件そのものをパロディにしたりして、混迷を続けている。プロのデザイナーたちも、一部、反撃をしているようだが、単なる「素人は黙ってろ」みたいなロジックだけでは、多くの人は納得しないだろう。特権階級の特別意識と仲間褒めは、ネットの中では、もっとも反発を受ける態度だ。

 僕は、この問題はデジタル社会の重要な問題だと思っている。現在、クリエイティブな仕事をしている人たち、小説家でも、評論家でも、ジャーナリストでも、放送作家でも、マンガ家でも、アニメ監督でも、ミュージシャンでも、芝居作家でも、あるいは、企業の商品開発担当でも、プロダクトデザイナーでも、経営者でも官僚でも、インターネットの情報を利用していない人はほとんどいないだろう。

 学者の論文も、昔から他人の論文の剽窃事件などがあったし、学生たちのリポートは、昔は書き写しだったが、インターネットがはじまって以来、コピペが横行した。書き写せば、少しは頭に入るが、コピペでは何も吸収できないだろう。現在では、剽窃チェッカーみたいなものが登場して、チェックされるようになった。

剽窃チェッカー

 学生たちは、なんでコピペするかというと、与えられたテーマを本気で追求するのではなく、論文単位をもらうことを目的化して、それさえ獲得できれば、プロセスは何でもよいという態度だからだろう。せっかくの「考える」という楽しみを自分から捨ててしまっているのだ。

 佐野氏は、サントリーのトートバッグの仕事を、部下が拾ってきたというデータをそのまま貼り付けて、提出したのだろう。僕は、その行為だけで、表現者として、自らの仕事の楽しみを放棄するものだと思った。納品すればよいというのでは、学生たちのコピペ論文と同じではないか。クリエイターのプロというのは、納品した作品の中に、自らの思いと喜びが含まれてなければいけない。請求書には書ききれないものがあるのだ。

 今回の事件で、もっとも危惧するのは、剽窃された元ネタの人たちが、佐野氏個人ではなく、サントリーに訴訟攻勢をかけることである。外国の弁護士であれば、デザイナー個人よりも、資金豊富なスポンサーを狙うだろう。実際に、剽窃バッグを採用して、配布したのは、サントリーの責任である。幸いに訴訟まで発展しなくても、少なくとも、佐野氏と、サントリーの発注担当者は、その状況を強く自覚すべきだ。更に推察すれば、実績のある佐野氏が、なぜ今回は、あまりに安易なパクリをやったのかを想像すると、相当、締め切りに追われていたのではないか。オリンピックのエンブレムの受賞に合わせて、サントリーのトートーバッグ・キャンペーンが行われたとしたら、IOCがもっとも嫌う、便乗商法として指摘されないか、他所事ながら気になってしまう。

この続きをみるには

この続き:645文字
記事を購入する

佐野氏問題引き続き

橘川幸夫

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕のテキストは誰に頼まれて書いたわけでもない、自分の意志でテーマを選び書いています。サポートしてくださる方は「時代からの原稿料」と思っています。いいねえ、すべて、の原稿料や商品代金が、こういうサポートになればよいのに。

シェアもしてね。
27

橘川幸夫

S氏問題2015

1つのマガジンに含まれています

コメント5件

僕はヒップホップDJ文化との類似性、、想像してみた。

音楽では、作詞家 作曲家 そして編曲家もいる
正々堂々と編集デザイナー は 市民権を得る時代が くるのではないだろうか?
DJ文化になるためには、POPになって、作家主義的なプライドを捨てないとだめだろうな。ウォホールみたいなクリエイターも先駆的にいたわけだし。デザインの構造と認識を、まったく新しくしたリミクサーみたいな、編集デザイナーというのもありだと思いますね。
ようやく御大が出てきて釈明されたようですが、矛盾大発生で逆効果でした。危惧していたことが現実になりつつあります。CG関連でフランスのデザインオフィスと仕事をしたことがありますが、いろいろな意味で彼らは深いことをしています。かの国のデザイン気質や美的センスにケチつけられるほど日本のそれは世界から評価されていません。残念ながら…。もともと虚像のような権威体制でしたから、このさい一度スッキリしたほうがいいのかもしれません。
デザインもガラパゴスでは通用しなくなってきた、ということですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。