続・佐野氏問題の終了

 佐野氏のメッセージは、ご家庭にイタズラなどがあり不安なのでエンブレムは撤回するということでした。そのことをもって、多くの人が同情し、問題追求はやめようという気分になっているようです。大人げない連中によるイタズラはけしからんことだと思いますが、あのメッセージは、一番、大事な問題への自覚が抜けているような気がする。「図らずもご迷惑をかけた」人々ではなくて、「意図的にご迷惑をかけた人」に対する謝罪がない。感情的な反応をするのではなく、論理的に解決していかなければならないのに。

 佐野氏に同情的なデザイナーの人たちは、素人がプロの仕事に文句をつけるな、と言う。しかし、その素人の素材を、プロである佐野氏が無断借用して、作品として納品してしまったことを、どう理由付けるのか。プロの自覚があるなら、なぜ、そのことを指摘しないのか。少なくとも、佐野氏は、納品して得た対価の中から、無断借用したコンテンツ制作者への支払いはすべきだと思う。サントリーのトートバッグの剽窃については認めたが、他の疑問案件についても、支払いが発生するものと、発生しないものを明確にすべきだ。「自分の作品でないものまでパクリと言われている」のなら、何が本当で、何が剽窃なのかを佐野氏側は、第三者委員会でも作ってあきらかにすべきだ。個別に素人じみた言い訳だけを発表する限り、問題は完全に沈静化しない。

 若いデザイナーは知らないだろうが、昔、今の佐野氏と同じように時代の売れっ子デザイナーがいて、あることが発覚してほされたことがあった。通常、広告の制作は、デザイン事務所が一括して見積もりを出し、請求書を発行する。その中には、カメラマンの撮影費やイラスト作成費など、もろもろの外注費、諸経費が含まれる。

 そのデザイナーは、カメラマンの実際のギャラの倍以上を請求していたのだ。進行管理費として15から20%を乗せることはあるとしても、倍はやりすぎである。そのことが発覚したのは、あるメーカーの広告部長が、他のデザイナーを使った時に、同じカメラマンへのギャラがまるで違っていることに気付き、激怒したことで、代理店がそのデザイナーを避けるようになったということだ。

 メーカーは、下請けに対して、1銭単位のコストダウンを要求しているのだ。広告の世界は、一見フランクな雰囲気がするが、アバウトにやると、とても恐ろしい世界なのだと思う。佐野氏の才能が、トラブルの後始末の悪さから、クライアントから離れてしまうことが危惧される。その時、今、同情的な周辺のデザイナーや代理店関係者がどういう対応をするか、想像してみた方が良い。インターネットが登場した意味をいまいちど考えてもらい、インターネットを活用しながら、新しいクリエティブの世界を切り開いていって欲しいと願う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕のテキストは誰に頼まれて書いたわけでもない、自分の意志でテーマを選び書いています。サポートしてくださる方は「時代からの原稿料」と思っています。いいねえ、すべて、の原稿料や商品代金が、こういうサポートになればよいのに。

感謝。
20

橘川幸夫

S氏問題2015

コメント4件

コメントが重複したようなので削除したら、全部消えたようなので手短にもう一度。

素人感覚としては、個人ブログでも多くの人が気をつけるコピーライトの一件で一発アウトで、ある意味それも良かったね、エンブレムの盗作云々が直接の焦点じゃなくなるからという話も記憶にあります。

そこが、割と予想してた落とし所だった所に、さらに波紋呼びそうな単語あり、これは波紋呼ぶのでは?と思って調べたら、やはり呼んでるようですが、テレビでは、土日を挟んだことで余計にネットに遅れること数日で、さらに切り込み浅いことに素人的な違和感は感じました。

素人考えでは、多くの人が、どの業界も甘くないよ、という前提で見てるであろう中、殊更にプロと素人を区切る割には、一連の流れはどうなの?、、、、みたいな違和感は感じました。

コメンテーターも、似てる似てないよりも、仕事への姿勢、プロセスこそを問題視してたのは当然だろうと思いました。デザインに関しては素人でも。
炎上し火傷を負ったので、被害者の面を前面に出してすり替えようとしただけですよね。もちろん家族に火の粉がかかるのも困るでしょうけど。
無断で使われた方が請求する方法をテレビでやれば良いのに(^^)
まず第一段階は終了ですね。毎度ながら不祥事を起こしておきながら悪びれもしない世の責任者たちには呆れます。いつの間にかそんな態度が見慣れてしまっている私たちも気をつけないといけません。森元総理がエンブレム取り下げ決定で「何が残念なんだ?」と記者を威圧する態度がオンエアされた時に小学生の娘から「あの人は責任者なのになぜあんなに偉そうなの?」と質問されて自分を省みました。というわけで、これから第二段階ですね。
みなさん、コメントありがとうございます。表面的な現象は、やがて忘れられますが、根本的な課題は、まさに、これから。オリンピックといのは、いろんな社会的矛盾をチエックするという意味では、国民的イベントとして価値があるのかも。引き続きよろしくです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。