東京オリンピックのエンブレム問題に関連して。


◇佐野研二郎さんのデザインによる東京オリンピックのエンブレムが盗作ではないかと言う騒ぎになっています。盗作かどうかを判断する知識も情報もないので、批判したり揶揄したりすることは控えたい。ただ、この問題も、現代的な課題の一つであることには違いない。

◇情報共有時代におけるコピペ文化とテンプレート社会のことである。人は自分だけで個性を産み出すものではなく、環境や体験や学習などで自分を作っていく。情報化社会以前であれば、それはまさに個人の努力と主体的な姿勢で、テーマを探し、情報を集め、検証吟味し、昇華して自分のものとする。しかし、現代においては、特に自分から探そうとしなくても、町を歩いているだけど、家庭で生活するだけで、情報が勝手に自分の内部に入ってくる。インターネットに触れることによって、勝手に蓄積される情報は無限大に拡大した。それもさまざまなテーマでの世界最先端の情報が入ってくる。

◇そうした環境の中で、個性とはなにか、オリジナルとは何か、ということを考えるのは、表現者にとっては大切なことである。出版業界のことで言えば、インターネットがなかった時代、何かについて書こうと思ったら、関係資料を集め、図書館に通い、現場や関係者に取材して、手間と時間をかけて情報を収集して、その情報をまとめることであった。大手出版社は、やがてアンカーシステムというのを開発し、情報収集することを専門とするデータマンという職業を開発し、著者となるアンカーマンは、現場のこともたいして知らずに、集まった情報を文章化することに長けた人間が選ばれた。現代においては、誰もが世界中のネットワーカーをデータマンとして活用し、どのようなテーマでも、アンカーマンとしてブログを書くことが出来る。

◇昔は数年かけて書いた本も、インターネットを駆使すれば1週間で書くことも可能だろう。それが人類にとっては進歩かも知れないが、表現者としては、幸福な時代であるとは思えない。出版業界には校閲者という職業があって、アナログの時代には、まあ、よくこんなことまで知ってるというぐらいにジャンルを超えた豊富な知識を持った人が、出版社や新聞社の中にいた。現在でもいるのだろうが、校閲を頼むと、赤字の代わりに、インターネットで検索した情報を原稿に貼り付けられてくることが多い。個人で内部蓄積した情報より、世界中で共有された情報の方が、圧倒的に正確であることは間違いない。

◇料理愛好家でシャンソン歌手の平野レミさんの旦那で、イラストレーターの和田誠さんは、僕が学生時代は「話の特集」という雑誌で、独特の文体と視線で好きな映画レビューを書いていて、よく参考にさせてもらった。和田誠さんが映画レビューをあまり書かなくなった理由を何かの雑誌で読んで衝撃を受けたことがある。和田さんは、映画館の暗闇の中で映画を観て、その印象をエッセイにまとめていた。それが、世の中にビデオという装置が普及しばじめて、ビデオで映画を楽しむ人たちが増えた。和田さんの印象批評に対して、ビデオで何度も見た読者が、悪気ではないのだろうが「和田さんの書いた文章、実際の映画のシーンでは、違うことになっていますよ」という、ご親切な指摘が寄せられるようになった。和田さんからすれば、良い映画を見た余韻の中で、映画のシーンを頭の中で思い描きながらエッセイを書いていたので、勘違いすることもあるだろう。しかし、その勘違いが自分にとっては、大切な印象であったのかも知れない。善意の読者の正しい指摘に面倒くさくなって、映画レビューをやめたのだろう。情報化は、個人が勘違いしたり誤解したりする権利も奪うのか。

◇僕は20代の時に新しい雑誌を2冊創刊し、30代になってから、それらをすべてやめて、売れない物書きになった。10代の後半から20代までは、わりと読書家であった。というより本ばかり読んでいた。しかし、30歳の時に、現代の本は基本的に読まないようにして、自分が生まれた以前に発行された古本を読むようになった。「本は読むものではない、書くものだ」と30歳の時に決意(笑)したのだ。それは、自分が書くようなものは、きっとすでに誰かが書いているだろうと思い、それを読んだら書けなくなるので読まなかったのだ。人に教えてもらうより、稚拙でも自分で発見したという喜びを失いたくなかった。僕は、マーケティングの世界に行き、普通の本には書かれていない、業界の内部の話題を知り、まだ業界も出来ていない新しい時代のはじまりのところに出向き、人との交流で自分の内部に情報を蓄積していった。

◇個性とは、自分の内部に入ってきた情報の質量である。誰もが読む本を読めば、誰とも同じ個性になる。誰もが集める情報を追いかけていたら、誰とも同じ考えになる。何を吸収するか、何を吸収しないかを選択することが、情報化時代における個性=オリジナルの作り方なのではないか。

◇佐野研二郎さんのデザインは、インターネットが普及した現代だから、選考された作品がいち早くベルギーのデザイナーであるオリビエ・ドビさんのところに流れ、インターネットがあるからこそ、佐野さんも「オリビエ・ドビさんの作品を見たことがあるだろう」と言われば、断固否定出来ないだろう。インターネットがなければ、「そんなもの知らん」と言い切れるのである。

◇若き表現者たちへ。僕らはすでにクーラーのない夏を過ごせなくなったように、インターネットのない情報空間には棲めなくなっている。最大限、この文明を活用するがよい。ただ、表現者を目指すのであれば、インターネット的自由から避難したところでの、表現追求活動をしなければならない。そこは、常に「現実」そのものの中にある。クーラーのない畑での野良仕事である。そこにうごめいている情報だけが、まだ情報になっていない情報であり、それを吸収することによって、あなたはデータマンであると同時にアンカーマンになれるのである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

シェアもしてね。
34

橘川幸夫

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。