ポケモンGO散歩

 早朝、近所の「林試の森」を散歩することから一日が始まるのだが、ポケモンGOを持って森に入ると、ポケストップがたくさんある。ガンガンとボールをとりまくる。公園であれば、歩きスマホの危険も少ないので、都内公園巡りポケモンGOというのが流行るのではないか。バッテリーも売れているだろう。この世界観の上で、今後、さまざまなイベントが起こりうるだろうから、これまでのゲームの常識を超えた、ロングヒットになる可能性もあり。

▼ポケモンGOで「しらかしの壁」というのがあって、なんだと思ったら、トイレの入り口であった。データだけで作ったな(笑)


この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

ポケモンGO散歩

橘川幸夫

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕のテキストは誰に頼まれて書いたわけでもない、自分の意志でテーマを選び書いています。サポートしてくださる方は「時代からの原稿料」と思っています。いいねえ、すべて、の原稿料や商品代金が、こういうサポートになればよいのに。

はりきります!
6

橘川幸夫

橘川幸夫コミュニティ・マガジン(思考note)

参加型メディア一筋。メディアの活動家、橘川幸夫が体験した中で感じたこと、考えてきたことをベースに、時代のシーンに対して考察します。月額1000円。★since 2016/04
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。