見出し画像

アンバサダーズ・ストーリー①

結婚を間近に控えたカップルにMetal Butterflyをプレゼントする「Happy Wedding Campaign!」は、見事3組のカップルがアンバサダーに決定しました。今日はその1組目をご紹介します。

優さんと咲さんは、私アオキと同じ千葉県我孫子市在中。とある日曜日の昼下がりに手賀沼沿いのカフェ「Cafe Garden Hasegawa」で待ち合わせし、お二人からお話を伺いました。

「駅で待ってたらオープンカーが来て。
『うわ、屋根開けてきた!』って。かなり衝撃でしたね。」(咲さん)

まずは二人の出会いから。
優さん(以下優)「僕は去年転職したんですが、その転職する前の会社で(咲さんと)一緒で。私が転勤で移動した先の職場に彼女がいたんですが、初めはお互いに何もなくて(笑)」
アオキ(以下青)「何の印象もなかったの?」
咲さん(以下咲)「なかったですね~」
青「じゃどんなきっかけで?」
優「職場の人たちと飲んだ後の帰りがたまたま同じ方向で一緒だったんですよ。で、職場の人とワイワイやってたからゆっくり飲み食いできてないし、もう1軒寄ってく?みたいな」
咲「でもその時も何もなく。お疲れ様でした~みたいな」
青「物語がまだ動かないね。笑」
咲「そう、その後もちょいちょい一緒に飲んだりすることがあって。」
優「それで少しずつ距離が近くなっていったというか。お互いになんかいいなぁって感じになっていって。」
青「告白したのはどっちから?」
優「僕ですね(笑)。海ほたるにドライブに行くことになって。」
咲「そう、海ほたる行くことになって。あ、もしかして今日何かあるのかな、みたいな。」
優「真っ暗でお店も閉まってるし、しかもめっちゃ寒くて(笑)。なんかそんな感じの告白でしたね。」
咲「なんてことないんだけど、あらためて振り返ると恥ずかしいね。笑」
優「僕クルマが好きで、マツダのロードスターに乗ってるんですが、その初デートで屋根をオープンにして迎えに行って。」
咲「駅で待ってたらオープンカーが来て。『うわ、屋根開けてきた!』って。かなり衝撃でしたね。」
優「アレじゃないといいな、と思いながら結局自分の目の前に停まって。『うわー!マジか。』って思ったみたいです。それから付き合い始めの頃は結構屋根を開けてたんですけど、だんだん開けさせてくれなくなって。『陽に焼ける』とか『髪が崩れる』とか。笑」

画像1

「Cafe Garden Hasegawa」オーナーの長谷川さんと。実はお二人、過去に何度かここを訪れたことがあったそう。こういう出会いもいいですね。

「抽選で3組ってなってて『うちらコレいけるのかな?』って思ってたら、まさかピッタリ3組で当選してビックリしたっていう。笑」(優さん)

青「咲さんの趣味は何かあります?」
咲「私はずっと音楽をやっていて。クラシックでクラリネットを吹いてるんですけど、今でも仲間と社会人バンドを組んで演奏してます。1~2年ぐらいやらなかった時期があったんですけど、逆にストレスになっちゃって。」
青「へぇー。続けてるって凄いね。ところで、今回なぜButterflyキャンペーンに応募してくれたの?」
優「いやぁ、これ本当は言いづらいんですけど、実は(我孫子のBAR)ヴァン・ヌフで青木さんに・・・。」
青「え!もしかしてお会いしてます!?」
優「実は。さっき初めましてって言っちゃいましたけど。笑」
青「えー!!ごめんなさい!でもね、さっきクラリネットって話を聞いた時に『あれ、この話聞いたことあるな』って。笑」
咲「そう、凄く音楽好きのお客さんも近くにいて、田澤さん?かな、クラシックの話でめっちゃ盛り上がって。」
優「青木さんがお店に来る前に、ヴァン・ヌフに飾ってあった蝶ネクタイを見てて、コレ凄いなぁって話をしてたら偶然青木さんが入ってきて。誰かが呼んでくれたのかなって思ったんですよ!」
咲「そう、それでアフリカのサプールの話でも凄く盛り上がって!」
青「そうか!そうだったね。いやぁ、申し訳なかった!」
優「抽選で3組ってなってて『うちらコレいけるのかな?』って思ってたら、まさかピッタリ3組で当選してビックリしたっていう。笑

画像4

ハワイで式を挙げたお二人。天候にも恵まれ最高の旅だったようです。


「お互いの家族が一緒に旅行に行ける機会ってなかなかないので、
半ば強引に決めましたね(笑)」(咲さん)

青「どうですか?一緒に住んでみて。」
優「僕はご飯を炊く『炊飯器担当』で、料理は彼女が作ってくれます。料理は全部美味しいですね。『コレが特に美味い!』ではなくて、出してくれるもの全部がめっちゃ美味しいんで。」
咲「その代わり、彼が掃除と洗濯はきっちりやってくれるんです。」
優「細かいトコも気になっちゃって、自分でやらないと気が済まないんですよ。A型だからですかね。出かける前に何か見つけちゃうと、掃除してから出発するっていう。」
咲「『10分待って』って言われるんですよ。掃除してから行こうって。笑」
青「凄いね!僕はやる気になった時にしかやらないタイプだ。」
咲「私もです(笑)。青木さんB型ですか?」
青「うん、B型(笑)。今はまだタイミングじゃない、期は熟してない、みたいなね。笑」
咲「そう、だから出かける前に掃除し始めると『え、今なの?』とは思いますね。笑」
青「ところで、結婚式とかパーティーははどんな感じにする予定?」
優「結婚式自体は6月にハワイで挙げてきたんですよ。なので、披露宴ほど堅苦しくないパーティーを11月に都内でやる予定です。」
青「ハワイはどうでした?天気は?ヴァン・ヌフの社員旅行が6月・・・」
優「そう、その話聞いたんですよ!僕らはめっちゃ天気良かったです。」
青「良かったね!マスターが特に雨男過ぎるから(笑)」
優「浜辺で写真撮ってる時も暑くてヤバかったです。」
青「ハワイの面白エピソードは何かあった?」
優「現地で事前の打ち合わせしてる最中、彼女がずっと寝てました(笑)。日本で散々色々なこと決めて、これは要らないとかこだわってたのに、最後の段取りの打ち合わせで寝てるっていう。」
咲「遊び疲れちゃいましたね(笑)。何とかなるでしょって。」
優「僕、今回が初海外で、最初は正直乗り気じゃなかったんですけど、行ってみたら意外と良くて「来年どこ行く?』って思いましたね。」
咲「お互いの家族が一緒に旅行に行ける機会ってなかなかないので、半ば強引に決めましたね(笑)。次はドイツ行こうって二人で言ってて。私は音楽が好きなので何回か行ってるんですが、街中で普通に音楽を演奏してる人がいたり、ビールが美味しかったり(笑)。」
青「お披露目のパーティーはどんな感じになるかのかな?」
咲「会場は銀座なんですけど、私がネットで色々探した中で一番イメージに近い会場に絞って、一緒に下見しに行きました。」
優「シャンパンタワーやってみたいですね。なかなかできないんで。笑」
咲「私は友達と一緒に演奏やります。」

画像2


「昔日光をドライブしてた時に、いい年齢の老夫婦がオープンカーに乗ってる姿を見たんですよ。それがめちゃくちゃカッコ良くて。
勝手な想像ですけど、きっと子供も親元を離れて、今は二人だけの時間を楽しんでるんだなぁって。」(優さん)


青「学生時代はどんなことを勉強してたの?」
咲「私は専攻が社会学だったんですが、海外に凄く興味があったのでドイツ語を勉強しながら、日本にいる外国籍の子ども達が日本の学校に馴染んでみんなと一緒に授業が受けられるように日本語を教えたりしてました。」
優「僕は経済学部だったんですが、友達の家に泊って、次の日は近くのラーメン屋行って、この後の授業どうしよっか?みたいな感じでしたね。笑」
青「大学の時って勉強しないよね(笑)。社会に出てからのほうが勉強してる気がする。そう、転職はどうでした?」
優「二人ともずっと同じ職場っていうのもちょっとあったし、色々リスクヘッジの意味も含めて今のところを受けたら受かった感じですね。」
青「なるほど。二人はどんな家庭を作っていきたい?」
優「隠し事のない家庭がいいですね。」
咲「私は『家庭じみていない』というか、ずっと仕事のキャリアは続けていきたいと思っているので、バリバリ働くお母さんでいたいです。」
優「あと生活感は出したくないですね、家の中に。」
咲「なんか、普通は『笑顔の絶えない家庭を』とか言うのに、全然違うよね。『生活感のない家庭』とか言ってる。笑」
優「さっきの車の話じゃないんですけど、昔日光をドライブしてた時に、いい年齢の老夫婦がオープンカーに乗ってる姿を見たんですよ。それがめちゃくちゃカッコ良くて。勝手な想像ですけど、きっと子供も親元を離れて、今は二人だけの時間を楽しんでるんだなぁって。途中は色々あったのかも知れないけど、また二人でカッコよくドライブに出かけられるような、そんな夫婦でいたいなぁと思います。」
青「それいいねー。ねぇ長谷川さん。僕は長谷川さんみたいなダンディな男になりたいですよ。」
長谷川さん「何言ってんの。カネはない、先もない、若い女の子にも相手されない。オレは何もいいことないよ。笑」


優さんと咲さんは、お互いの個性を認め合いながら二人でうまくバランスを取り合える、とても自然体で柔らかな雰囲気を持つお二人でした。
それにしても、まさか一度お会いしていたとは。自分の迂闊さが情けない。
11月後半のお披露目パーティーの前に、今度は美味しいお酒を飲みながらゆっくり二人と話をしたいなと思いました。

画像3

(撮影協力 Cafe Garden Hasegawa)
https://tabelog.com/chiba/A1203/A120304/12039500/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

アオキシゲユキ

シートメタルデザイナー。金属製蝶ネクタイ「Metal Butterfly」プロデューサー。(有)日青工業専務取締役。家具ブランド「mills ends」や異業種連携プロジェクト「W.I.T」など他企業とのコラボが得意。サプールに会う為にコンゴ共和国に行ったサプール系日本人です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。