ブログ更新です。ESP32 と M5Stack でDNS と mDNS の SSL サーバーをつくってみました。

すみません。
note の記事を一回飛ばしてしまいました。

ようやく、DNS および mDNS の SSL サーバーを作った記事をアップできました。
https://www.mgo-tec.com/blog-entry-dns-mdns-ssl-server-esp32-m5stack.html

記事を書いている途中で収拾がつかなくなってしまい、前回の記事と分割しました。
分割してもかなりのボリュームです。
こんな面倒な記事は二度と作りたくありません。
手間がかかった割には、生成した工作物はとっても地味なものです。
IoT 分野でバリバリ活躍してくれるというものでもありません。
次回以降はもっと簡単な記事をサクサク上げていきたいと、つくづく思いました。
自分の記事の書き方も悪いので、何とかしたいと思いつつ、早4年経ってしまいました。

と、泣き言ばかりいっていますが、今回の件で収穫も沢山ありました。
IoT 機器を開発する上でのセキュリティについて、かなり詳しくなった気がします。
SSL / TLS 通信のハンドシェイクの仕組みもだんだん分かって来ました。
これを作ることは物凄く面倒ですが、一度作ってしまえばサクサク作ることができるので、SSL 通信やセキュリティについて学ぶことができます。
それに、SSL通信で暗号化されていても、ブラウザの URL 欄に鍵マークが表示されても、安心ではないことが今回の実験で良く分かりました。
情報通信やネットワーク関連の良い教材になるかなとも思いました。

因みに、この記事を書いている間、ESP32 や M5Stack を soft AP モードで動作させていて、スマホと連携していたので、note からのスマホの通知が受信できなく、見逃していたことが多々ありました。

ご支援いただいたのに気づかず、申し訳ございませんでした。
こういうこともありますので、ご容赦くださいませ。

これから年末にかけて、私自身も多忙になり、記事を思ったように上げられないかも知れませんが、今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

mgo-tec電子工作ブログの維持運営に賛同して頂ければ、支援していただけると、とっても嬉しいです。

mgo-tec

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。