ブログ更新。ESP32の LEDC, PWM ライブラリで40MHz クロックパルス波出力できた

久々のブログ更新です。
新年度一発目は、Arduino-ESP32のLEDC(PWM)ライブラリで、自分の意図した周波数やデューティ比で GPIO から矩形波を出力できるようになったというお話です。

今までも LEDC ライブラリはありましたが、私自身が使いこなせませんでした。
というか、マイコンのタイマレジスタによる PWM 出力の理解が全くできていなかったので、当然使えなかったわけです。

サンプルスケッチの LEDC Software Fade コードを見ても、イマイチ良く分かりませんでした。

以前、こちらこちらの記事で ESP32 や M5Stack から 40kHz のデューティ比 50% パルスを出力しようとしても、意図した周波数にならず、使えないものと思っていました。

でも、いろいろ実験して調べているうちに、今回、やっと理解するに至ったのです。
なるほど、高周波になればなるほど周波数の細かい設定ができなくなることが理解できました。

これはちゃんと理解していないと、自分の意図した波形にならない理由がよーくわかりました。

Arduino-ESP32 の LEDC ライブラリについてあまり詳しい解説がネットに出ていないので、アマチュア電子工作家のみなさんはわかっていたのでしょうか???
分かっていたとすれば、みんなスゴイですね。

PWM の理屈を一旦理解すれば、芋づる式に理解できるようになって、自分の意図した高周波パルスを ESP32 の GPIO から出力できるようになりました。
これはいろいろな用途に使えそうですよ!!!

ブログ記事は私の個人的解釈ですので、正確でないかも知れません。
もし誤っていたらコメント投稿等でご連絡いただけると助かります。

ということで、今はメチャメチャ忙しくて、なかなか記事更新ができませんが、これからも空いた時間をうまく利用して、電子工作やプログラミングをがんばっていきたいと思います。
今後ともご支援のほど、よろしくおねがいいたします。
m(_ _)m


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

mgo-tec電子工作ブログの維持運営に賛同して頂ければ、支援していただけると、とっても嬉しいです。

1

mgo-tec

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。