ブログ更新です。ESP32 と LED テープと 光ファイバーで作った Wi-Fi 卓上イルミネーションオブジェです。

ブログ更新しました。
今回は前回の記事を応用して、NeoPixel フルカラー LED 素子 144 個の LED テープを追加して、光ファイバーを合わせた、Wi-Fi 卓上イルミネーションオブジェを作ってみました。

前回の記事と同じく、Art-Net DMX を使って制御しています。
それにしても、このフリーウェア Jinx! – LED Matrix Control が素晴らしい。
FFT スペクトラムアナライザ的な事も出来るので、いろんなバリエーションの LED イルミネーションができます。
クリスマスソングに同期して光らせるなんてこともできますね。

ただ、これだけ多数の LED を最大でフル点灯させると、とんでもない大きな電流が流れて、回路を焼損させてしまうので、自分で回路を組んで点灯させる時は電流制限させるなどの一工夫が必要でした。
自作するときは要注意だと思いました。

電子工作歴が長くなってきて、ブログで公表を続けていると、こういうちょっとした危険性に敏感になってきて、自分の回路は大丈夫だろうかと不安になって来ますね。
実践で製品を作っている方々はこういうところの NowHow が沢山あるんだろうなと思いました。
自分もまだまだいろいろと勉強しなきゃなぁと思いました。

ということで、忙しさ真っ只中のところですが、こういう楽しい工作が続けていけたらなぁと思います。
今後とも当ブログをご支援のほど、よろしくお願いいたします。
m(_ _)m


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

mgo-tec電子工作ブログの維持運営に賛同して頂ければ、支援していただけると、とっても嬉しいです。

mgo-tec

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。