ブログ更新です。2つ更新しております。

ブログ更新しました。
新年明け2発目です。
note の更新は1つ飛ばしてしまいました。
失礼しました。

前回は、Arduino core for the ESP32 でプログラミングする際の関数の値渡し、参照渡し、ポインタ渡し、String渡しについての考察でした。

これは、記事をアップしたらすぐに熟練者からコメントいただき、ご意見を頂戴できました。
個人的主観で Arduino コーディングスタイルについて考察しています。
プログラマの間の一般的コーディングスタイルについては、私は勉強不足なので、たまにツッコまれますので、アマチュア的考察として見て頂ければと思います。
良かったら見てみて下さい。

また、今回アップしたのは、苦手だった LC共振回路を ESP32 を使って考察してみました。
次いでに電波時計を合わせる回路を作ってみました。

ド素人的な考察だと思いますが、私個人としては革命的な理解につながったので、個人的には最高の発見だと思っております。
熟練者がみたら、当たり前と思うものばかりだと思います。

これは、以前、熟練者の方からご指摘いただいたものをリベンジ工作しています。
その当時は、インダクターとか共振回路が苦手過ぎて、避けていました。
でも、今年こそは理解したいと思い、再チャレンジしてみました。

結果、LR共振回路についてバッチリ理解できて、綺麗なサイン波が生成できました。
苦手意識はすっかり無くなりました。
これが体感できれば、共振を頭に入れて積極的に回路にインダクターを投入できます。
これだけで何でも作れそうな気がしてきました。

もし、共振回路が理解できない方はこれを読んだら何かヒントがあるかも知れませんよ。

因みに、この記事を書いている最中は何度も挫折しそうでした。
記事をアップした後はドッと疲れが出てしまいました。
こういう体力を消耗する記事は、今後控えていきたいです。
本当はもっとサクッと記事をアップしたいものです。

今年は、ディープラーニングも視野に入れて、記事を書いていきたいと思っております。

今後とも何卒ご支援のほどよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

mgo-tec電子工作ブログの維持運営に賛同して頂ければ、支援していただけると、とっても嬉しいです。

2

mgo-tec

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。