上達の極意は、継続すること

雑誌「ダ・ヴィンチ」に掲載されている『短歌ください』のコーナーに影響を受けて、3年前から短歌をつくり始めた。

日常の中に潜んでいる小さな驚きや発見を、57577の定型におさめていく。この3年間、とにかく楽しくて仕方なくて、私は思うままに、つくりたいものをコンスタントにつくり続けてきた。

けれども実は、この半年くらい、短歌がまったくつくれない状態になっている。

短歌をつくろう!と時間を確保しても、思うように短歌がつくれない。日常のささいな出来事に目を向けてみたり、自分の生活を振り返ってみたりしても、題材が見つけられない。ノートやパソコンと向き合ってみても、いたずらに時間ばかりが過ぎ去ってしまう。

私は何がつくりたいんだろう。そして、今までどんなことを歌にしてきたんだろう。

それがまったく分からなくなってしまった。いわゆる“スランプ”という状態に陥っている。

うーん。これが、結構苦しい。


ある日ふらっと立ち寄った書店で、一冊の本が目にとまった。

タイトルは『短歌一生 物に到るこころ』。


手に取ってパラパラとページをめくってみるとその中に、今の私を後押ししてくれるような、実直で真摯な言葉があった。すぐにレジに向かっていた。


持続
短歌は一生である。短歌の勉強に一番の大事は何かと問われれば、それは持続だ、と答えたい。
読むことの大事、経験することの大事は言うまでもない。生活のすべて、生きてゆくことのすべてが歌にとっては大事で、挫折や病気や別離といった人生上の負の要因をも含めて人生上の出来事はことごとく作歌の糧ならぬものはないが、いま、より実際的、実践的な問題として、短歌上達の極意はこの作りつづけるという平凡な行為のうちにあることを言っておきたい。
達人と呼ばれる人の作歌の道程を点検するとき、その停滞と進展の予測をこえた紋様のふしぎに眼を見張らされる。上手には上手の悩みがあり、躓きがある。壁に突き当たって、もはや進歩もそれまでかと思われたとき、何によってか、どうしてかわからぬまま、努力に対する神仏の加護とでも言っておくほかはないような具合に、壁が破られる。持続の努力のないところに、この恩寵のような進歩はのぞめない。


悩み、つまずきながらも継続していれば、ある日ふいに壁が破られる。

この言葉はつまずいて立ち止まっている私にとっての救いの言葉だった。
そしてこれはおそらく、短歌だけでない、すべての創作活動に対して通じる、本質的な気づきなんじゃないだろうか。


文章はさらにこう続く。

新聞歌壇の選をしていて思うのも、こういう持続のうちに見る進境の妙である。(中略)そこを修練の場として励んでいる一群の人々の毎週の作品に接していると、作者の置かれている現在の位置が手にとるようにわかる。好調がいつまでもつづくわけではない。
正念場はその不調の時期にある。焦ってはならない。だが諦めてしまうことはいっそう禁物である。耐えること。耐えて、努力を怠らないこと。それが肝要だ。不調のうちに低迷していた人が、ある時期から蘇りを見せはじめる。そして、断言していいが、その蘇りは、以前の好調の時期にくらべてはっきりと一進境を示している。文芸の —— 文芸にかぎらず芸一般の機微は、一にこの飛躍の測りがたさ、愛でたさのうちに、ある。


正念場は不調の時期にある。

耐えること、そして努力を怠らないこと。諦めないこと。

なんてまっすぐで、力強い言葉なんだろう……!
不調の中で前が見えなくて苦しんでいる、今の私を救ってくれる言葉だった。暗闇を照らしてくれる、光みたいな言葉だ。


もがきながらも続けていけば、きっと私の視界も開けてくるはず。だから投げ出さず、今できることをコツコツやっていこう。

そう決意させてくれる、素晴らしい1冊だった。


「書くこと」を継続する


私は文章を書くことにも力を入れていきたいと思っている。

でもなかなか、書こう、書こうと言いながらも、継続することができない。

こんなつぶやきをしたら、大好きなフォロワーの二人が「私もなかなか書けない!」と共感のリプライを送ってくれた。

「え、じゃあお互い励まし合って頑張らない?」

「最低でも週一は更新するってことにして、更新する曜日をそれぞれ決めて、やってみない?」


という話になり、これから毎週木曜日にnoteを更新することに決めました!


上達の極意は、継続すること。

お互い切磋琢磨しながら、ゆるやかに上達していけたらいいなと思います。

そのサイクルの中で、短歌のスランプも抜け出せたらいいな。

諦めず、つくり続けます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。いただいたサポートは自分の創作活動に充てさせていただきます。

カルピス!(好き)
203

まほぴの日常観測所

いいことは言わない日記です
6つのマガジンに含まれています

コメント3件

ひっそりと、応援!!
まほぴさん、はじめまして。「細くてもいいから、やりたいこととのつながりを残し続ける」、今後のために覚えておこうと思います。ありがとうございました。
私もモチベーション上がりました。
応援します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。