Instagramで受けた刺激から、写真撮影へ

ヘアメイクして写真撮影して、それをブログにアップする。
ちょっと前なら躊躇していたことを実行したのはなぜなのか。

僕は海外のユニークフェイス当事者の動きを知るために、
いろいろなサイトを観察していました。
そのなかに、instagramがありました。
あるとき、
#portwinestain
#birthmark
という二つのタグをつけた当事者の肖像写真を見つけたんです。
かなり大きな範囲の血管腫をもった当事者が、
生き生きと笑ったり、生活の様子が伝わる写真がたくさんあった。
老若男女、人種、国籍を問わず、当事者が血管腫の顔をさらしている。
メイクしている人もいるし、していない人もいる。
メイクをしている人も、素顔の写真も含めてinstagram にアップしていた。
普通の生活の営みとしてのinstagram。

毎日のようにこの写真を眺めているうちに
俺もやってみるかな。
でも、なんか面倒臭いな、と思ってました。
そこに、ヘアカットとプロフィール写真撮影の機会がやってきたわけです。
自分で思い立ったのではなくて,古いつきあいの友人からの誘い。
その誘いに乗っただけなんですけど,出来上がった写真が素晴らしかった。
これらの写真に #portwinestain  #birthmark のタグをつけて
instagram にアップしたところ、海外の当事者からの反響がありました。
じつに簡単に、海外の当事者と繋がることができる、と分かりました。
これまで、ユニークフェイスとは、社会問題であって、シリアスの語るべき問題だったんですが、このinstagramの体験で、
世界中の当事者とつながるための共通言語としての「ユニークフェイス」なんだと感じました。
僕のなかでは、大きな変化。
写真表現で,新しいユニークフェイスを表現できるのではないか、と感触を得ました。

ヘアカットと撮影をしてくれた blue-eyed girlさんには改めて感謝。
このキッカケをくれた友人にも感謝。

ヘアカットと写真撮影によって,新しい自分を発見したいというユニークフェイス当事者はお気軽に連絡してください。
一緒に、自分の外見をよくすることを楽しみましょう。

僕のinstagram のアカウント ↓

最後まで読んでいただき感謝します。
読者フォローよろしくお願いします。

twitter https://twitter.com/ishiimsyk

blog   http://ishiimasa.hateblo.jp/

ユニークフェイス研究所 https://uniqueface.amebaownd.com/

note      https://note.mu/mi1965

問い合わせ先

CONTACT | ユニークフェイス研究所

uniqueface(@)gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

石井政之

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。