夢の中にはもうひとつの幻想がある(一)

こんな夢を見た。

タルマーリーというパン屋に行きたくて、山陰の山奥を目指して電車に乗っている。パンなんて普段はまったく食べないくせに夢に見たのは、店主の格さんが書いた「腐る経済」の本のことを最近考えていたからだろう。

乗り換え駅の切符売り場で、出張先へ向かう途中のかつての仕事仲間とばったり会う。聞かれてもいないのに「たまたまね、旅行でね」なんて、言い訳みたいに言ってみる。

この続きをみるには

この続き:1,465文字

夢の中にはもうひとつの幻想がある(一)

野原 海明

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

はてなブログを(ほぼ)毎日更新しています。 http://mia.hateblo.jp/ ←こちらは日記と書評がメインです。

迷わなければ迷路からはでられない(土屋太鳳/女優)
4

野原 海明

夢の中にはもう一つの幻想がある

昨夜見た夢ただ連ねていく夢日記。最新のものは無料で読めます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。