見出し画像

ノーマン・レーベンのディランへの影響(7 [最終回])

※「英詩のマガジン」の副配信です。
※「Dialann_2018」でも配信します。

これまでに7回ノーマン・レーベン(1901-78)について取上げました。今回はいよいよ最終回です。

7回取上げた経過ですが、最初は次の書評で。

続いて次の6本の有料記事で。

そして、今回は Bert Cartwright, 'Raeben's influence on Bob Dylan' の続きで、最終回を迎えます。

この続きをみるには

この続き:5,746文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
1年間読み放題です(2018年)。2017年は64本書きました。表に出せぬ断章を綴ります。自分の経験したこと、思ったこと、気づいたことのうち、これは書きとめておこうという記事を不定期に書きます。

Dialann_2018

1,000円

不定期更新。表に出せぬ断章。吹きぬける風。 いちど購入していただければ2018年中の本マガジンの記事がすべて読めます。1ヶ月に数本程度...

または、記事単体で購入する

ノーマン・レーベンのディランへの影響(7 [最終回])

ミオール / Mícheál

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Míle buíochas! ミーレブィーハス! 多謝
6

ミオール / Mícheál

ピアニスト。楽理・韻律・神学の交わる愛蘭詩歌へ

Dialann_2018

不定期更新。表に出せぬ断章。吹きぬける風。 いちど購入していただければ2018年中の本マガジンの記事がすべて読めます。1ヶ月に数本程度書いていますが、不定期です。リードを公開してもよい場合のみ個別に販売もします。参考までに、2017年は64本書きました。
1つ のマガジンに含まれています