[万葉]When spring comes (巻1.16)

大和歌を英訳で読むマガジン(1)の第2回は万葉集巻1の16番の歌です。

冬ごもり 春去り来れば 鳴かざりし 鳥も来鳴きぬ 咲かざりし 花も咲けれど 山を茂み 入りても 取らず 草深み 取りても 見ず 秋山の 木の葉を見ては 黄葉をば 取りてそしのふ 青きをば 置きてそ嘆く そこし恨めし 秋山我は

作者は額田王 (630-90) とされています。

[上村松篁「額田女王」]

春山と秋山について額田王が判定した歌といわれています。額田女王はどちらを上としたのでしょうか。

英訳を通してこの歌をながめてみます。

目次
読み下し文
英訳
解釈
 額田王
 咲く
 日本学術振興会訳
 McAuley 訳
 Bownas 訳
 参考文献

【マガジンの案内】
名称:大和歌を英語で読む(1)
内容:大和歌を英訳で読んでゆく。最初は万葉集
分量:1マガジンあたり5本を収録(予定)
価格:1マガジンが1,000円。個別の記事は分売も(300円〜)
方法:詩学(poetics)的関心から、日英の詩のことばを比較

この続きをみるには

この続き:9,815文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
3本以上読むなら、マガジンの方がお得です。万葉集に英訳を通してアプローチしようとする試みです。万葉集原文の解釈には数種類の注釈を参照して正確を期しています。

万葉集を英訳で読んでゆきます。1300年前の日本語より現代の英語のほうが分りやすいなどということがあるのでしょうか。それを皆さんといっ...

または、記事単体で購入する

[万葉]When spring comes (巻1.16)

ミオール / Mícheál

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よい一日をお過ごしください。

大和歌を英語で読む(1)

万葉集を英訳で読んでゆきます。1300年前の日本語より現代の英語のほうが分りやすいなどということがあるのでしょうか。それを皆さんといっしょに確かめてゆきましょう!思わぬ発見があるかもしれません。1つのマガジンには5本収録の予定です。個別販売もします。