見出し画像

Dylan Time (ディランの文学的感性の核心)

'Dylan Time' は英国の小説家 Will Self (カバー写真) の造語だ。

Michael Hofmann が使った 'Kafka Time' をもじったものだ。ホフマンはカフカの『変身』の翻訳の序文にこの言葉を用いた。

セルフはディランは20世紀の最も影響力ある作家の一人であるだけでなく21世紀を代表する典型の作家であると断言する。

この続きをみるには

この続き:3,927文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
1年間読み放題です(2018年)。2017年は64本書きました。表に出せぬ断章を綴ります。自分の経験したこと、思ったこと、気づいたことのうち、これは書きとめておこうという記事を不定期に書きます。

Dialann_2018

1,000円

不定期更新。表に出せぬ断章。吹きぬける風。 いちど購入していただければ2018年中の本マガジンの記事がすべて読めます。1ヶ月に数本程度...

または、記事単体で購入する

Dylan Time (ディランの文学的感性の核心)

ミオール / Mícheál

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Míle buíochas! ミーレブィーハス! 多謝
4

ミオール / Mícheál

ピアニスト。楽理・韻律・神学の交わる愛蘭詩歌へ

Dialann_2018

不定期更新。表に出せぬ断章。吹きぬける風。 いちど購入していただければ2018年中の本マガジンの記事がすべて読めます。1ヶ月に数本程度書いていますが、不定期です。リードを公開してもよい場合のみ個別に販売もします。参考までに、2017年は64本書きました。