65/1096 お金と身体のミラクルなお話

吾輩は怠け者である。
しかしこの怠け者は、毎日何かを継続できる自分になりたいと夢見てしまった。夢見てしまったからには、そう夢見る己を幸せにしようと決めた。
3年間・1096日の毎日投稿を自分に誓って、今日で65日。

(この毎日投稿では、まず初めに「怠け者が『毎日投稿』に挑戦する」にあたって、日々の心境の変化をレポートしています。
そのあと点線の下から「本日の話題」が入っているので、レポートを読みたくないお方は、点線まで飛ばしておくんなましね。)

65日目の今日は、歯科で大変な処置をされたために口の中に血をたくさんためて帰ってきて、痛みに悶絶しながらまだ出てくる血とともに無理やり食べ物を食べて、抗生物質と痛み止めを飲んでぶっ倒れた。
歯を二本も抜かれるは、ドリルで頭蓋骨に穴を開けられるは、そのために歯茎をメスで切られて何針も縫われるはで、すごいダメージだ。
それでも、毎日投稿だけは止めたくないと思いパソコンに向かっている・・
毎日投稿が、自分にとって大きな張り合いとなっているのだと思った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんなわけで、今日は弱った状態での投稿だ・・・
画像一枚だけ貼るなりして休んだほうが良いのでは、と心配してくださる方もおられるけれど、書こうという張りあいがあるのがなんだか心地よい。逆にこういう気持ちの張りは、今の自分に良い気がする。
それから、ツイッターでご感想をくださる方、毎日楽しみに読んでいますよと教えてくださった方たちの、いろいろな言葉がとても励みになっていて、皆さんのことを勝手に想像して嬉しくなって書いてしまう。みなさん、本当にどうもありがとう。
 
今日は身体が傷ついたのもあり、お金もいっぱい払ったから、身体とお金の話をしようと思う!
実はこれはとっておきのお話なのだ。以前ブログに少し書いたことがあったが、今回はぜひその後日談を書いてみよう。
わたしは、お金と身体へのイメージがほぼ同時に思い切り変化したことがあり、その直後に今の仕事につながる大きな出来事と、病気からの奇跡的な回復を経験した。単なる偶然と思うもよし、意識の変化が現実を動かしたと思うもよし、読むお方にいかようにも解釈をおまかせしたい。

ま~たお前は「ハウス世界名作劇場」かい!だけれど、昨年の夏のある日、わたしはふと小公女セーラのことを思い出した。そしてなぜかわからないが猛烈に再視聴したくなって、すぐにYouTubeで検索して観ようとしたのだ。
しかし、今どうかはわからないが、昨年の夏には日本語で検索しても初めから最後までのエピソードを観る再生リストを見つけることはできなかった。
わたしはそれでもなぜかなんとしても観たくて、英語やイタリア語や中国語でのタイトルを調べて検索し、一話から最終話までを観られるリストを見つけて喜び勇んで娘と一緒に観始めたのだった。

♪わたしの胸の~かたすみに咲いてる~
ちいさな花に~名前はないけど~・・・・

このオープニングの歌を聞いただけで、懐かしさと切なすぎる曲調と覚えているあらすじのあまりの悲壮感とで、ブワッと涙が出てきた。
娘と一緒に、まずあの憎っくきラビニアとミンチン院長先生とに我慢ならないほどの怒りを覚えつつ、ギャーギャー騒いだりオイオイ泣いたりしながら観た。
「お、おい・・・!も、もう許せねえ・・・こうなったらあの階段の上にバナナの皮でも置いておいてラビニアを転ばせるしかねぇだろ!」「畜生、あんのクソ院長!!来る前に食べ物にゴキブリ混ぜちまえよ!」などと、ものすごくIQの低い作戦を言葉に出して娘に伝えていなければ、観ていることもできなかった。ただでさえ暑いのに、観ながら汗だくになった。

一日に何時間も夢中で一緒に観て、全46話を数日間かけて観終えた。今計算してみたところ、計1,380分、23時間の大作であった。
皆さんご存知のように、この物語はハッピーエンドで終わる。とても涙なしには観られない最後だ。セーラはまた、大富豪に返り咲く。美しく光り輝く小公女となり、幸せに生きられることとなって、お話は終わりだ。

わたしは、観終わってセーラにお金があることが心から本当に嬉しかった。娘と、ぐっしゃんぐっしゃんに泣きながら、やったよ!セーラはまた大金持ちだよ!うわーん(TT)と抱き合って喜んだ。

そして、その時にハッと気がついたのだ。。。
・・・・お金って、なんてピュアなものなのだろう?!と。

ブログではこのあと、貧しい=善人、という世界中に蔓延している洗脳に気がついたことと、そうしたらなんだかキラキラしたものやふわふわしたもの、そういう女っぽいものに憧れが出てきてしまった!というところまでを書いたのだが、この話には重要な続きがあるのだ・・・・・!

お金ってピュアなものだった!と気がついた、そのあとのことだ。わたしはその事に気がついてから、お金、といってもイメージの中にあるお金ではなく、コインやお札など物理的な「お金」を見る目がなんとなく変わってしまったのを感じた。なんだかとても可愛いものに見えるのだ。
そして、ある時突然に、今度は逆の「お金の目線」なるものに気がついてしまったのである・・・・・・
 
これはもちろんあくまでわたしのイメージであるが、お金は、本当は持ち主のわたしたちを、こんなふうに見ているのだ。

見よ!!この無垢な視線を・・・僕、なにすればいいの?と聞いているようである。。。。

わたしは、お金自体はこんなにもニュートラルで無垢なものなのに、そこに汚いだとか欲の象徴だとか、そんな意味付けをしているのは人間の方なのだと気がついたのだ。
自分のこれまでのお金に対するイメージを、バックスクリーンにぶち当たる150m級のホームランのごとく、一発で払拭するイメージだった。わたしは驚いて震えた。そしてこの子猫のようなお金さんに、とても申し訳ない気持ちになって、ひとり涙した。お前よ・・・今までずっと、政治家とマフィアと大阪商人の手下だと思っていて、ごめんね・・・・・・

と、実は、このことがあってからなんとわずか数日で、わたしは今の自分を見出してくれた恩人のあの下野誠一郎さんから、日本にイベントをしに来ませんかとオファーを頂いたのだ。もちろんただの無料ブログを書いていただけの主婦だったわたしには、そこからオファーを得るだなんてはじめてのことで、これが、自分で今のように収入を得るようになるキッカケとなったできごとだった。言うまでもないが、本当~~に驚いた。

それから、そう時間を置かずに、わたしはもうひとつ、身体についても同じような気づきを得たのだ。

わたしの身体は、いつも大抵、わたしの命令どおりに動いてくれている。
それ自体が生きていて、わたしのわからないところでも、ちゃんといつも元気になろうとしてくれる。完全に無垢で、これ以上なく澄んでいて、わたしへの愛100%のものなのだ。
これに気づいたときも、ものすごく泣いてしまった。身体=わたし、と思っていたから、わざわざ考えてあげたこともなかったのだ。
わたしは、身体も、いつもわたしたちをこんなふうに見てくれているのだと気がついた。わたしの感覚では、ちょうど、こんなイメージなのだ・・・

わたしが海に入ろうと思うと、冷たくても入ってくれる。
わたしが食べようとするものを、それが何だとしても噛んで食べてくれる。
わたしを疑わずに、いつもついてきて、わたしとともにあって、死ぬときは一緒だと決めてくれている。こんなに深い愛をわたしに注いでくれる存在が身体だったのだ・・!!
そう思った・・・・・身体は、悟った存在なのだと・・・

それが、夏に下野さんにオファーを頂いた9月のイベントのために日本に行く少し前のことだった。しかし実はその時、関節炎を患っていたわたしは、字を書くことができなくなってきていた。
医者の診断では、リウマチを持っていた祖母からの遺伝だろうということだった。治療法は特に無く、パラフィン浴や砂浴をすることで症状を緩和するしかないとのこと。
夫はプール型の天然温泉施設に連れて行ってくれたり、海で全身が入るほどの穴を掘って砂をかけ、何時間も砂浴をさせてくれたりした。でも、指の関節が腫れ始めていて、手を洗った後にタオルで水を拭く際にすらびっくりするほどの痛みが襲った。
それで、日本に行くのに自分で荷物を持てないだろうという不安を持っていたのだ。

そのことを、わたしのブログを読んでくださっていたMegumi YamadaさんとYuko Commy Noharaさんに話す機会を得たところ、お二人がアメリカからサウンドヒーリングを施術してくださったのだ。。
ブログを楽しませてもらってるから、プレゼントします、と言って、無償で。その心にわたしは泣いた。ありがたくお受けさせていただいた。

すると、もう~お前そりゃ嘘だろう?!という、信じがたい話ではあるが、約2年の間にかけて徐々に悪くなっていた関節の腫れが目に見えるように日に日にひいて、痛みが取れ、約10日ほどで完治してしまったのだ・・
身体の目線が無垢だと気づいてから、ほんの僅かの間に起こったことだ。

この場で、何をすれば関節炎が治るのかをわたしはハッキリと謳うことができない。でも、あれから治療法のない病が二度と再発していないことも確かだ。それ以前と後とで食生活も変わっておらず、生活習慣だって同じ。だからわたしは、目に見えない世界のことを実体験を通して信じはじめるようになった。

わたしにとっては今も、お金と身体は、子猫や子犬のようなイメージのままだ。大事にしなくてはならない。それから、メンテナンスして、可愛がって、愛を注がなくてはならないと思う。

お金について言えば、仲良くしたければ、好きになってもらうことだと思う。そのためには、もちろん育って大きくなるお手伝いをして、たまには外に遊びに行かせなくてはならない。でも、ちゃんと安全なところに。どこかに預ける(つまり買い物をするとき)は、喜んで送り出せるところに。自分のところに来てくれたあんなに可愛い子を、自分でも嫌だと思うところに送ってはならない。
(これを思うとバランス良く、ちゃんとケチに抑えるべきところと、行っておいで~!と送り出すところが、とてもよくわかるようになる・・!)

ちょうどよいだけの、一緒に遊んで楽しいだけのお金がそばにあればいい。
だから、ただむやみに増やすというよりは、人生を彩る楽しい要素であってほしい。
そんなことを心がけるようになった。お金のことを考える時に、ギスギスした心や焦りではなく、優しい気持ちが湧いてくるようになった。
それから徐々に、わたしは楽しんで収入を得られるようになったのだ。
わたしは今の状態がとても心地よい。

お金や身体について、それを思う時に良い気分になることは生きる上でとてもありがたいことだと思う。これが、どなたかの心地よさにつながる参考レポートとなりますように!!

というわけで、今日はここまで。また、明日!

こちらはわたくしミユめのオフィシャルサイトです。たまに覗きに来てね。お気軽にメッセージも下さい・・(*^^*)

こちらは秘行のオフィシャルサイトです!とても綺麗で、秘行のやり方やコツも見られます。ぜひご訪問下さいね。

※現在一般募集中のイベントのお知らせ、こちらにまとめていただきました!参加者様と楽しむ、アットホームで神秘的な秘行のイベントや個人セッションについてです。ぜひ覗いてみてね❤
(まだ他にも年末年始のイベントを準備中!追ってお知らせ致します)
http://chigris.com/?p=1454&fbclid=IwAR2MfNiNGxXbR7XgBMcwpmg28Li_qfY76030rhAAcdBYSc0eX_eL7_9foVA


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

144

【毎日投稿】三年計画・結婚の誓い

わたしはわたしを愛することを誓います! というわけで始まった、恐ろしいミッション。 何も続かない飽き性の自分を倒すため、「毎日投稿縛り」で書いています。 詳しくはこちらをご覧ください。 https://note.mu/michiemiyu/n/n3193e8a427df

コメント6件

このイメージの例えはとっても分かりやすい!!
今までお金について色んな方のブログを読みましたが、いつもいまいち分からなくて。。。
ミユさんありがとうございます!❤️
kirikiri77さん、とても嬉しいコメントを、ありがとうございました!お返事遅くなってしまいました💦
お金と身体の喩え、伝わって良かったです!

下野さんの瞑想会に行かれるとのこと、良いですね‼️お話しする機会あらば、どうぞよろしくお伝えください💖

ところで、せっかくリクエストをくださったのに、わたしは龍については詳しくないのです🥺
そのうち、見聞が広がることがあれば、書きますね😻
shihocalciteさん、ありがとうございます‼️わたし自身もこの気づきがすんごい衝撃で、お金そのものへの悪いイメージ吹き飛んだ出来事でした!
伝わってめっちゃ嬉しいです😊

私こそミンチンじゃないか、、で笑ってしまいました😆
身体もお金も、無垢なものとして見られるのって人生でとても大きな違いとなるなーと感じています。
感覚を共有してくださって、ありがとう〜💖
ariostaさん、良かった❣️わたしにとっても、一番わかりやすい気づきでした。コメントありがとうございました‼️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。