絵解き「お話」文章題 No.12 ピカリン島の宝石

 絵を描いて解くスタイルの「考える力」を鍛える文章題の12回目です。
次の記事が初めての方はこちらを先にお読みください。

 このシリーズはうちの塾の小学部ではメインともいえる教材で、絵を描いて考えることがいろいろな場面で役に立ったという声が卒業生からよく聞かれます。

 ※この教材の使い方は下記の記事にて!
  (タイトルをクリックしてください)

A-12
「ほお、これが悪魔をやっつけるという噂の宝石ですか」
ヨクバリアンがあやしげな光を出している宝石をのぞきこんだ。
ピカリン島で作られている宝石だ。
丸い宝石は3個、四角い宝石は4個あった。
そこには、全部で何個の宝石があったのでしょう。

B-12
「ほお、これが悪魔をやっつけるという噂の宝石ですか」
ヨクバリアンがあやしげな光を出している宝石をのぞきこんだ。
ピカリン島で作られている宝石だ。
丸い宝石は6個、四角い宝石は7個あった。
そこには、全部で何個の宝石があったのでしょう。

C-12
「ほお、これが悪魔をやっつけるという噂の宝石ですか」
ヨクバリアンがあやしげな光を出している宝石をのぞきこんだ。
ピカリン島で作られている宝石だ。宝石の種類は、丸,四角の2種類。
丸い宝石は6個、四角い宝石は丸い宝石よりも2個多かった。
そこには、全部で何個の宝石があったのでしょう。

D-12
「ほお、これが悪魔をやっつけるという噂の宝石ですか」
ヨクバリアンがあやしげな光を出している宝石をのぞきこんだ。
ピカリン島で作られている宝石だ。宝石の種類は、丸,四角の2種類。
宝石の数は、全部で10個。四角い宝石は丸い宝石よりも2個多かった。
そこには、四角い宝石は何個ありましたか。

E-12
「ほお、これが悪魔をやっつけるという噂の宝石ですか」
宝石商のヨクバリアンがあやしげな光を放っている宝石をのぞきこんだ。
ピカリン島で作られている宝石だ。宝石の種類は、丸,四角の2種類。
それぞれの宝石1個の値段は、丸い宝石が2ピカリ、四角い宝石が3ピカリです。
(ピカリは、ピカリン島で使われているお金の単位)
100ピカリを持っていたヨクバリアンは、宝石を全部で12個買いました。
丸い宝石の数は四角い宝石の数よりも2個多いということです。
さて、ヨクバリアンは何ピカリはらいましたか。

F-12
「ほお、これが悪魔を退治するという噂の宝石ですか」
宝石商のヨクバリアンがあやしげな光を放っている宝石をのぞきこんだ。
ピカリン島で作られている宝石だ。宝石の種類は、丸,四角の2種類。
それぞれの宝石1個の値段は、丸い宝石が4ピカリ、四角い宝石が5ピカリです。
(ピカリは、ピカリン島で使われているお金の単位)
100ピカリを持っていたヨクバリアンは、宝石を全部で15個買いました。
丸い宝石の数は四角い宝石の数よりも3個多いということです。
さて、宝石を買った後、ヨクバリアンの手元には何ピカリのお金が残りましたか。

G-12
「ほお、これが悪魔を退治するという噂の宝石ですか」
宝石商のヨクバリアンがあやしげな光を放っている宝石をのぞきこんだ。
ピカリン島で作られている宝石だ。宝石の種類は、丸,四角の2種類。
それぞれの宝石1個の値段は、丸い宝石が4ピカリ、四角い宝石が5ピカリです。
(ピカリは、ピカリン島で使われているお金の単位)
100ピカリを持っていたヨクバリアンは、宝石を全部で18個買いました。
丸い宝石は四角い宝石の数の2倍だということです。
さて、宝石を買った後、ヨクバリアンの手元には何ピカリのお金が残りましたか。

H-12
「ほお、これが悪魔を退治するという噂の宝石ですか」
宝石商のヨクバリアンがあやしげな光を放っている宝石をのぞきこんだ。
ピカリン島で作られている宝石だ。宝石の種類は、丸,四角,三角の3種類。
それぞれの宝石1個の値段は、丸い宝石が15ピカリ、
四角の宝石が20ピカリ、三角の宝石が25ピカリです。
(ピカリはピカリン島で使われているお金の単位で、1ピカリは160円です)
10万円を持っていたヨクバリアンは、宝石を全部で25個買いました。
丸い宝石の数は四角の宝石の数よりも1個多く、
四角の宝石の数は三角の宝石の数よりも3個多いです。
さて、宝石を買った後、ヨクバリアンの手元には何円のお金が残りましたか。

I-12
「ほお、これが悪魔を退治するという噂の宝石ですか」
宝石商のヨクバリアンがあやしげな光を放っている宝石をのぞきこんだ。
ピカリン島で作られている宝石だ。宝石の種類は、丸,四角,三角の3種類。
それぞれの宝石1個の値段は、丸い宝石が15ピカリ、
四角の宝石が20ピカリ、三角の宝石が25ピカリです。
(ピカリはピカリン島で使われているお金の単位で、1ピカリは160円です)
10万円を持っていたヨクバリアンは、宝石を全部で20個買いました。
丸い宝石の数は四角の宝石の数よりも1個多く、
四角の宝石の数は三角の宝石の数2倍よりも2個多いです。
さて、宝石を買った後、ヨクバリアンの手元には何円のお金が残りましたか。

J-12
「ほお、これが悪魔を退治するという噂の宝石ですか」
宝石商のヨクバリアンがあやしげな光を放っている宝石をのぞきこんだ。
ピカリン島で作られている宝石だ。宝石の種類は、丸,四角,三角の3種類。
それぞれの宝石1個の値段は、丸い宝石が15ピカリ、
四角の宝石が20ピカリ、三角の宝石が25ピカリです。
(ピカリはピカリン島で使われているお金の単位で、1ピカリは160円です)
20万円を持っていたヨクバリアンは、宝石を買いました。
その数の内訳は丸い宝石の数は四角の宝石の数と同じで、
三角の宝石の数は丸い宝石の数の2倍よりも8個少ないです。
また、丸い宝石と四角の宝石を全部合わせた値段は89600円でした。
さて、宝石を買った後、ヨクバリアンの手元には何円のお金が残りましたか。

※ 下記のPDFファイルをダウンロードして、A4サイズの用紙に印刷してお使いになってください(解答はこのファイルの中にあります)。

※ PDFファイルの文章題にはルビ(ふりがな)をつけています(AからJへと難しくなるにしたがって、ルビの数はわざと減らしています。高学年生にとってはすべての漢字にルビがついているとかえって読みづらいですから)。

※他の文章題は、こちら ↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー!いいことあったー!
1

道草学習の部屋

夢は「やさしい学習革命」! そのためには子どもたちが喜んで取り組むことができるような学習方法・教材が必要です。そのことばかりずっと考えてきました。この場で少しずつ公開していきます。学習のおもしろさが伝われば幸いです。

絵解き「お話」文章題 ~「考える力」を鍛える~

文章題を絵で描いて解くと少々複雑な問題でも解けるようになります(絵を見ながら考えることができますから)。ふつうは文章題を解く時、先に式を立てるので、子どもの目の前には考える材料がありません。よく「これ、何算?」と聞かれるのはそのためです。絵を描いて解く方法を試してみませんか...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。