時への代価〜スペア〜38

目次 https://note.mu/michitarou9/n/n9d6749e6f73b?magazine_key=m70a90f99060e
前へ https://note.mu/michitarou9/n/n74acdc48f9ff


 章也クンが目覚める。
(香取の夢……か。まだ、諦められねぇのかな? オレ)
 章也クンはとろとろと服を脱ぐ。そしてボクを見る。
「今日も見えやがる」
 章也クンに名乗るコトは、できない。前、セリヌに怒られちゃったから――。
 章也クン、日がたったら、ボクとちゃんと話してくれるかな?
 心配で、胸が苦しかった。
 ――また、ボクを好きになってくれるんだろうか?
「さみい……」


この続きをみるには

この続き:1,215文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

ラブ&ファンタジーストーリー。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます💕
4

michi7cchi

小説書くのが好きです。漫画や音楽も好きです。私の小説を読んで欲しいです。ラブストーリーやファンタジーが好きです。時々SFちっくなのも。昔は少女漫画家になりたかったです。ツイッターアカウント @michi7cchi1 です。

時への代価〜スペア〜

ラブ&ファンタジーストーリー。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。