働き方改革

働き方改革

2018年2月28日、裁量性労働の拡大を法案には盛り込ま無い方針と
か!理由は【データを再調査?!とか新たにアンケートを取り直す?!】
らしい?私はプログラマーなので元々裁量性労働の範疇だがその打診は
断った覚えが有る?!明らかに収入がダウンするからだ?!短期間に仕事を
片付けられる能力を示すプライド依りも会社が提示した金額は安過ぎたの
だ?!
その選択は良かったと思っている?!裁量性で働いて居たら今!
間違い無く此の世に居ない筈だ!?
仕事人間はヨッポド条件【金銭面】で不利に成らなければプライドを
擽られる裁量性で働きたいからアンケートを取っても真面なデータが採れる
保証が無い事は明らかだろう?!考えて下さい!変な事をしたら【日本国に
取って必要な人材】から死んで行くか廃人に成るのだ?!
先ず、裁量性を導入する前に労働者の健康面の安全を確保する
施策【強制的に定期的検査入院を義務付ける等?!】を盛り込むベキと
脳梗塞を患い壊れた男は申しているのだ!!!

2018年2月21日、安倍総理が苦しい答弁を予算委員会で行って
いる?!
『何度見た事だろうか?!』安倍の平成30年度の目玉政策と称する
【働き方改革】は反対する勢力に【働かせ改悪】と揶揄されているのは
承知の事実だ?!事は、人の命に関する事と総理は認識して無い?!
70歳を超えた沖縄北方大臣が脳梗塞で倒れたが?!彼は変な発言も
するし年齢も年齢なので可哀想には思えないが?!若い人も過労で
脳梗塞など脳血管系疾患や心臓疾患その他内臓(腎臓・肝臓)等の疾患も
過労が原因で有ろう?!それに過労で免疫が低下して癌化した細胞の排除が
間に合わ無く成り癌が疾病として発生し空しい闘病生活に入る人が居る?!
詰り過労はロクな事が無いのだ?!正に過労コソが現代では《第二次世界
大戦前後の【結核】》と同じく亡国病なのだ?!こう書くと【爺・婆】で
構成された自民党系の保守層にも伝わるかな?!
確かに【安倍が提唱する裁量労働制】は【本当にマジで優秀な人間で仕事を
楽しんでいる人】には有効だろうが?!ソンナ人が何人いる?!愚かにも
私は、その優秀な人間であると勘違いし脳梗塞で脳が壊死しているのに
気付かず!挙句の果てに闘病中の生活保護費頼りの生活だ?!
【自分が優秀で有ると勘違いしている人】は考えを改めて【傲慢な勘違い
野郎に辟易している人】は彼を【貴方は決して健康的には優秀な人で有り
ませんと説得】して下さい?!何と言っても【命有っての物だね】です
から?!特に私の些末な例ですが【脳梗塞】は静かに気に成ら無い程度に
徐々に蝕んで行きますが本人は自身を優秀な人間と疑いを掛けません?!
その結果は悲惨です!!

2017年吉日、プレミアムフライデーが始まった。極々少ない余裕の
有る企業で午後3時、会社に依っては半ドンにした所も有るが、
日本人は働き過ぎだと思う。私は、現役でバリバリ仕事をしていた時、
正にバリバリ、残業を月に200時間程度はザラに遣っていた。勿論、
休日出勤も含めた時間だ。決して業務命令だけで残業したのでは無い、
好きで残業していたのだ。だから正規に残業を申告して無い手当は半額程
手にする事で残業を止められるのを回避している。
私の場合は、特殊な例だが、プログラマーとして決められたシステムの
一部を開発するのでは無く、全てのシステムを自ら設計し、胆に成る
高速化部分のチューンナップを繰り返し基本的なアルゴリズム自体の
開発まで行えていた。
研究職に近い仕事を任されていたのだ。自ら仕事を増やしていた。
しかしながら、今では労働基準法に順守した働き方をして置いた方が
良かったと思っている。
『脳梗塞』は、その頃に既に発生していたのだ。
患っている本人は何の自覚も無く、最高潮に仕事を楽しんでいる
筈だったが、脳の血管は、気付か無い様に体を蝕んでいたのだ。
元々、運動神経が良いと思って無く、本人は三大音痴、音痴・
運動音痴・方向音痴を患っていると自身の駄目な行動・行為を
ギャグにしていたので気にしなかったのだ。老眼は40前に
発症したが、それは老化なので通常の経年変化なので当たり前と納得
した。同じ頃、歩行速度が極端に遅く成った。関西で暫く暮らし
大阪人並のセッカチな歩き方をしていたのに東京人依りも確実に歩みが
遅く成った。それを老眼と同じく老化の前哨位にしか把握して無かった。
大きな間違いだった。健康診断のオプションメニューとして脳の
CT/MRIを受ける機会が有るのを検査が嫌だから止めていたのだ。
受けていれば、
血管の詰りの兆候を発見で来ていて脳が『壊死』の拡大する事は
防げた筈だ。労働基準法の規定は、過去の労働者の人体実験的な
残業から考えられた物だと思う。守るべきだ。仕事中に心臓や脳梗塞・
くも膜下出血等の循環器系・血管系の疾患で急死する様な文字通り
過労死、仕事の重圧で自殺したり、鬱病に掛かる等の神経疾患や
免疫の低下に依る感染症や癌化して闘病生活に入らざる得ない状態に
成ったりするのだ。『人体実験』は十分実績が有るみたいだ。

働き方改革と言う依り、先ず、『労働基準法』を正しく守る事から
初めて欲しいと思うのだ。

2017年2月26日、久しぶりに『闘病記』を再開しました。
ひょっとしたら、連載が途切れた事で おっ死んだかなと思われた
読者の方もいらっしゃると思いますが、
死んだ事は死んだのだ。投稿に使用していた台湾メーカーA社の
パソコンが死んで修理に出したら新品と交換してきやがった。
中の情報が全く失われたのでネットワークとの接続が途切れたのだ。
売値が3万円を切る格安パソコンなので人件費を考えたらコノ対応
だろうと思うが、インターネットを再接続しようとスッタモンダを
脳梗塞で衰えた脳をフルに使って挑んだが諦めたのだ。
再開は、接続業者を新規に変えて接続しなおしたのだ。

尚、私の作品紹介は、自己紹介を参考にして下さい!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

michizane

作家を目指します。約30年間画像処理技術の基礎アルゴリズム作成者として過ごして来ました。画像処理ライブラリと使用方法を公開しようと考えて居ますが、硬い物の前に柔らかい物を発表します。 最近は『闘病記』マガジンに時事ネタのエッセイを載せています。

闘病日記

脳梗塞に成ってからの闘病日記や日々の気に成る事のエッセイを 徒然成るままに記述。 エッセイ集です。時事ネタも随時掲載。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。