表紙改Hベテルギウスの夜

ベテルギウスの夜に改H編:ベテルギウスの夜

ベテルギウスの夜に改H編:ベテルギウスの夜
《その光は、人類文明の終端を祝う花火だったのか、この日以降、
人類は・・・に向かう。》

クリスマスカードが届いていた。NKN64からのプレゼントに当選した
との事、嬉しや、 めぐたん とデートが出来る。NKN64アイドルヲタク
の街、中野ナカノを冠したアイドルグループで有る。樫木愛カシキ・アイ
こと『 めぐたん 』人気アイドルで有る。お嬢様系で結婚したいアイドル
ナンバーワンの称号を持つスーパーアイドルだ。
 彼女達、年末は忙しいので年明け後に成るとの事。男(おとこ)は、初詣
でこの企画が続くように願った。
参道の帰り『今年は、金環日食・皆既月蝕や大彗星等天文現象が多いが、
近々オリオン座のベテルギウスが超新星爆発スーパーノバを起こすらしい。
人類が見る事が出来る最大の天文現象だそうだ』と言う話を三回程聞いた。
多少、話の種に調べて置こう。
 丸一日、部屋を片付け。翌日、シフォンケーキを焼いてプリンを作った。
男は、料理だけは得意だった。花は、自己流華道だが、白百合と薔薇をアレ
ンジして玄関に生けた。薔薇は深紅・ピンク・黄色、白百合は鉄砲百合と
カサブランカを適当にアレンジした。オーブン用の耐熱ガラス食器を花器に
し剣山を使用して生けたのだ。トップアイドルを迎えるのだ。頑張らねば。
6時過ぎに来るらしい。食事がまだだったらチーズフォンデュを用意する
事にした。
 スタッフと共に彼女が現れた。スチール撮影等を終えビデオカメラと
マイクをセットし、3時間したら迎えに来るから彼女と宜しくとの事。
うっとおしい連中は消えた。デートだ楽しいデートだ。
 草食系の若年と異なり五十代の親父である下心は有る。有る事は有るけど
そこまでは出来無い、犯罪に成る。大人しくデートをし様と思った。
相手は国民的アイドルなのだ。

 「お食事まだかなチーズフォンデュを用意して有るんだけどどうですか」

 「レッスン終わりで来たので正直お腹ペコペコ、チーズも大好き」

嬉しい。乗って来た。

 「チーズフォンデュってチョットしたルールが有るんだけど」

 「知っています。でもアルコール飲め無いから貴男がパンを落としたら、
一回に付き一票入れてね」

NKN総選挙の事で有る。本来のルールなら粗相をした者が他者にワインを
1杯奢るのが正しい見たいだが、アルコールに弱い彼女は、別の要求をして
来た。総選挙は、アイドルの命運を左右する人気投票で有る。彼女達の新曲
CDに一票選挙権が付いているのだ。NKN商法と揶揄(やゆ)されるCD
販売促進方式で選挙権が付いていて、ファンが推しメン《推しているメン
バー》を上位当選させるべく競って購入させる為にミリオンヒットに成った
と言われるが、楽曲は、元々素敵だ。おまけに数票投票し様とするファンに
も損が出無い様にパッケージやカップリング曲を変えてコレクションアイテ
ムとして正しく販売しているCDで有る。男は、勿論、彼女に上位に成って
欲しいから、元々複数購入予定だ。総選挙と呼ばれるのは、順位が完全に
リセットされ、全員の順位が再確定する為で有る。

 「 めぐたん が落としたら」

 「ホッペならキスしてあ・げ・る」

はにかむ素振りも見せずに答えた。イメージが違うと思ったが、これはこれ
で好ましい。贅沢を言えば、ホッペじゃ無く口にお願いしたい所だが、無理
は判っている。食事が進み男も3票以上入れる事を約束し、2回ホッペに
キスを貰った。お互いにワザとパンや野菜・ソーセージを鍋の中に落とした
事は明白だ。彼女がナゼ落としたか、一度や二度ホッペにキスするぐらい
可愛く振る舞うのは、計算の内だ。男が落としたのは、何票も投票するとの
意思表示だ。

 「実はデザートも用意しているのだが時間が無いから先に出すね」

 「御免なさい時間が取れ無くて」

 「良いの良いの君と居るだけで幸せ」

受け皿とマグカップに入ったプリンを二組出した。マグカップの内端に竹串
を使いプリンを分離し、受け皿に移して見せた。ナチュラルだが、淡い黄色
のマテリアルが、小皿の上で揺れている。カラメルソースも手作りで有る。
大量に掛かっている。

 「遣って見る」

 「うん」

 「おーきい、手作りなの」

 「全卵1個、卵黄1個、ミルク375CCフレーバーにカカオリキュール
グラニュー糖大匙5杯で作った卵液を弱火で1時間蒸した当店自慢の一品で
御座います」

男は、少しお道化て言った。男の手作りと聞き訝しがるが。

 「プルンプルンして、美味しい・柔らかい・・滑らか大好き」

彼女が、お世辞に走った。男は舞い上がり、饒舌に成り。

 「自立するカスタードプディングで最大の大きさと柔らかさを両立しまし
た。ご堪能有れ。抹茶シフォンケーキも焼いています。そうだアーンして」

素直に口が開けられると男はスプーンで口に移した。彼女から。

 「お返し」

とスプーンを運んで来たので馬鹿見たいに大口を開けた。間接キスが、成立
した。男は完全に落ちている。勿論、恋にで有る。ファンとアイドルの関係
で無く、是非手に入れたい女だと思い始めていた。危険な兆候だが、危険を
認識し無かった。その時、音だけ聞いていたテレビから。

「岐阜のスーパカミオカンデ測候所からニュートリノ検出が著しく増大し
スーパーノバが近い・・・・」

と告げていた。スーパーカミオカンデは、地上の光が届か無い洞窟内研究
施設で有る、神岡鉱山の跡地に巨大な水を湛えたタンクを設置し、素粒子
ニュートリノが水の分子に激突する時、光子を放ち発光する現象を超高感度
光電子倍増管で観察する施設です。日本人のノーベル賞受賞に貢献した設備
で有る。ニュートリノは、透過性が著しく高い粒子で惑星等も簡単に通過
する粒子で有るが、極たまに水と衝突し光を放射する事が有るのだ。
スーパーノバで極めて大量のニュートリノが、放出されるので星の発する光
依り早く地球に到達すると考えられる為、ニュートリノ検出が著しく増大
すると世界中の高性能天体望遠鏡が、最優先でベテルギウスを向く様に成っ
ているらしい。
因みにニュートリノは、ダークマター暗黒物質の本命候補で有った。今では
別の物質、ニュートラリーノとよく似た素粒子が考えられている。ニュート
リノは、光学的に見え無い、検出が極端に難しいのだ。
語り部の感覚では、透明物質と称する方が、相応しい様に思える。

 「スーパノバが始まるそうだ。観て見無いかい」

 「私、理科系少女天文部だったの」

 「詳しいんだな準備しようか」

男は彼女のプライベート情報に詳しく無い事を知った。彼女が、天文部だっ
たと初めて知った。

 「サングラス持っているね、それからピアス・指輪を外しアルミフォイル
で包んだ方が良いよ、携帯や音楽プレーヤーも忘れずに」

 「どおして」

 「念の為さ」

 「スーパーノバ超新星爆発で光だけでは無く、長短様々(さまざま)な
波長の電波が来る事は解るよね。危険は喧伝されて無いけれど強力な電波で
金属がアンテナとして働き加熱したり電子機器が壊れたりする可能性が有る
から何だけど」

アルミフォイルで包みながら彼女は言った。

 「電磁シールドの代わりが、アルミフォイルなのね」

 「あ、嫌だ、私、今日の天気予報でスーパノバが起こったら、見るのに
好い天気だと言ってしまった」

 「大丈夫だよ人類が、電気を使用してから初めてのスーパノバなので誰に
も判ら無い責任を感じる事は無いよ」

彼女は、人気のお天気娘も有るのだ。

 「スーパノバで地球上の生物の大部分が絶滅した事が有ると聞いていたの
で怖くって」

こんな事も知っていたのか、でも折角、調べた知識を披露するのは今だ。

 「その話、少し回りくどい話だったでしょう・・・・スーパノバで恒星の
自転軸方向に強力なガンマ線が放出され、それを浴びた太古の地球上空
オゾン層が完全に破壊され、防御出来無く成った太陽の紫外線で地表と浅い
海の生物が死んだ」

 「ええ、そうよ、でも今回はベテルギウスの自転軸が地球を向いて無いの
で安心していたんだ」

 「僕達は、深海魚の子孫なんだ。君はマーメイドいや、乙姫様なのだ」

我ながら巧く言ったと思ったが、彼女は急いだ。

 彼女はジーンズとスニーカーで来ていたので直ぐに外に出られた。見慣れ
ている華やかな彼女とは違うので残念で有ったが、格好の良いスマートレー
ディー新鮮で有った。男は出かける前にブレーカーを落として外に出た。
数分後、手持ちラジオからもう少しで始まるとのニュースが有り、オリオン
座を探しサングラスを掛けその方向に向いた。すると急に明るく、いやサン
グラスでも眩しいので視線を外しオリオン座以外を見渡したが、天空全体が
真っ白く光り輝いていた。

 「熱い」

彼女が叫んだ。

 「どおしたの」

金属は、外した筈だが、彼女が言い難い所を見ると有れだと思い当たった。
取りあえず手を引いて部屋の中に入れた。

 「部屋の中なら電波も弱いから加熱している物を外して下さい。外に出て
いるから外し終わったら知らせて下さい」

暫くたってから。恥ずかしそうに。

 「ブラのフォックで火傷しちゃった」

 「治療させてアロエ軟膏しか無いけど塗らせて」

 「エッ」

 「信用して外の事は、絶対にし無いから、
この非常時に火事場泥棒見たいな事は、男としての沽券に関わる」

 「何をすると沽券に関わるの」

彼女が一寸意地悪く質問して来たように感じてドギマギした。彼女には、
ただでさえ深窓のお嬢様オーラが出ている。太刀打ち出来無い。オマケに
ノーブラで有ると告白しているも同然だ。ドキドキする。勿論、若く綺麗な
お嬢さんの服を脱がしたら、ヤリタイ事は決まっている。決まっているけど
理性が邪魔するのは、至極当たり前の事だ。ファンとアイドルの関係を超え
るのは遠そうだ。

 「ともかく背中見せて。シャツも脱いで治療出来無い」

 「そんな私、アイドルよ」

 「準備出来るまで下を向いているからその間に背中を出して」
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
 「もういいかい」

 「まーだだよー」

彼女は落ち着きを取り戻したと見え可愛く返事した。
・・・・・・・・・・
 「もういいです」

 「可哀想、赤く痕が残っている。でも消えるよ、一寸ヒリヒリするけど
我慢して」

マキロンでスプレー消毒し、ティッシュで擦らない様に毛細管現象を利用し
て拭き、水道水で消毒薬を濯ぐ様にティッシュで水を付け拭き取りを繰り
返し濯ぎ、アロエ軟膏を器用な利き手右人差し指の腹で塗り、サランラップ
で患部を保護し、絆創膏で留めた。昔は、擦り傷や火傷は、患部を乾かして
いたけど今は、患部を傷口から滲み出る体液で湿らせて自療に任せる方が
治りが早いと言われている事を男は知っていた。その為、消毒液は、丹念に
拭うのだ。本当は消毒薬も使わずに流水で消毒する方が良いのだが、止まり
そうなので諦め、患部の消毒液を手数を掛けて湿らせたティッシュで濯いだ
のだ。消毒液を使わ無い方が正しいのは、強い殺菌力で健康な細胞が、
ダメージを受けるからだ。
男は丁寧に治療をしたのだ!彼はセックスで女体の敏感な所を触るのと同じ
様に効き指の右指で火傷傷跡と言う別の意味で敏感な部分に挑んで居る事を
喜んで行ったのだ!コレはこれで善いだろう!!

 「痒くても掻かないでね。また脱がせるのに手間が掛かるから」

男にも軽口を言う余裕が出て来た。
 外は明るく窓の明りだけでまだ十分だった。

 「取りあえずランプの用意をするよ。本来なら、寒中の今は夜中、スーパ
ノバが治まったら真っ黒に成る。御免ね、ブラのフォックまで頭が回ら無か
った」

 「それ依り停電じゃ無いの」

彼女は下着の話は避けようとした。男は、サラダオイルを小皿に入れ、
テッシュを紙縒(こより)りにし芯を作り、簡易ランプとした。ランプと
言う依り行燈だ。そして答えた。

 「停電かもしれないけど、ブレーカーを落としているんだ。送電線に
過電流が流れて家電が壊れると困るから」

 「そうだ強電波検出器を作ろう」

男は、LEDの脚に短い導線を繋いで自作した。電気が来無いから、
半田鏝(はんだごて)は使用出来無い、脚に巻き付けラジペンで強く接触す
るよう捻った。元の職業の関係でLEDや半導体素子等電子部品は持って
いるのだ。

 「部屋の中では光ら無いか」

男は外へ行き、暫くして帰って来た。

 「短めのアンテナのLEDは光らないが、長めのは光ってしまった。・・
理科系少女なら解るでしょう」

彼女に振って見た。

 「波長の短い電波は弱く成っているのね」

理科系は、本当みたいだ。アンテナの長さと波長の関係は、把握している。

 「もう少ししたら携帯をチェックして見ようアルミでシールドしたから、
大丈夫だと思うけど壊れている可能性が有るからさ」

 「嫌だ、困る」

 「音楽プレーヤーを先にチェックして見たら」

シャカシャカシャカと聞こえている。音楽プレーヤは、生きている見たい
だ。男もスマートフォンをアルミフォイルから出し調べた。

 「壊れて無い見たいだけど、圏外だ。君のはどう」

 「私も圏外」

 「君のはAuだね。このマンションAuの基地局アンテナが有るので圏外
だとするとシステムが広域でダウン、いや全面的に故障している可能性が
有る」

 「君のマネージャやスタッフも迎えに来られ無いと思うよ」

「今日のスケジュールだと私を降ろしたら、 ののこ を回収して迎えに
来る事に成っているので確か国分寺辺りと聞いていたんだが」

「2時間以上たったし、おそらく道路も身動き取れ無い、それ依りも車
自体故障している可能性が大きい、今の車は電子で動いているからね」

自動車は、金属で覆われているから電磁シールドされていると思われる方が
いると思うが、中で携帯が使えるのだ、電波は筒抜けだ。雷は車に落ちても
金属の外殻を通り、タイヤで接地して地面に電流が逃げるが、電波はそうは
いか無い。強電波障害は、避けられ無いのだ。彼女がどうしても連絡を取り
たいとの事でインターネットを試して見ようとパソコンの電源を入れる為、
ブレーカーを入れて見たが、停電していた。皮肉な物だ。元々インターネッ
トは、核戦争を想定したもので高いリスク回避力を持つ。電話局を介した
システムの様に管轄する局が攻撃され使用不能に成るとそれに繋がる電話機
が全て使用不能に成るのと異成り、物理的にネットワーク形状で接続してい
るシステムの為、一つのネットワークノード(結び目)が使用不能に成って
も自動的に接続可能な経路を選択し通信を確保する筈で有るが、停電で端末
が使用出来無いだけでニッチモサッチモいか無く成った。男の家の通信
インフラは全滅した見たいだ。
ニッチモサッチモは、『二進も三進も』と書きます、元々、そろばん用語で
二でも三でも割り切れない厄介な数値だとの意味が語源で有る。
仕方が無いので彼女を近くのコンビニまで案内した。コンビニの公衆電話は
使用不能との張り紙がして有った。
水とロウソクを買った。数量制限が有ったので彼女にも買って貰った。

 「まだコンビニ本部は地震の様な災害との認識が無いのかな、連絡が付か
無いから判断(はんだん)出来無いのかな」

 「 めぐたん 、留守番して、水や非常食を買って来るのでお願い」

 「私も行きたい」

 「売り切れる前に自転車で行くので御免」

 彼女が不安で仕方が無いのは男も分かっているし、彼女と買い物は平時
なら、楽しい筈だが今は非常時なのだ。近くのスーパーで1時間程掛けて
数量制限されている水・カセットコンロガスボンベ・インスタント食品・
ビスケット等を買った。明日は、 めぐたん と買い物に行こう。大災害の中
男だけは楽園気分だった。お気に入りの超美形アイドルとまだまだ一緒に過
ごせるのだ。まだ外は明るかった。10時は過ぎていた。

 「ただいま」

 「寂しかった」

少し泣きそうな顔で答えたので男は、ハグしようとしたが火傷の事も有るの
で肩を抱いた。良い匂いがした。不謹慎かもしれないがアイドルの香りだ。

 「明日は、一緒に買い物に行こう」

 「うん」

関係がかなり縮まった気がした。

 「今まで何をしていたの」

 「ギャートルズを読んでいたの・・・なんだかあの世界に成るんでは無い
かと心配で」

 「せいぜい、幕末から現代まで早足で繰り返すんじゃ無いかな」

男の書棚には愛蔵版のギャートルズ、その隣には藤子不二雄F短編集『みど
りの守り神』
が有りこの人類絶滅を扱かった作品を読んでいたら、ちょっと
厄介かなと思った。

 「ギャートルズのアニソン知っている」

 「なんにもない、なんにもない、まったくなんにもない。生まれた、生ま
れた。星が一つ、星には夜があり、そして朝が訪れた」

かまやつひろし の名曲『奴らの足音のバラード』だったと思う。めぐたん
の生唄が聴けたラッキー。

 「アニソン史上もっとも壮大な世界観の詩と言われて居るんだけどどう
思う」

 「星が、地球が生まれて朝が来るんだ」

彼女は、はしゃぐ様に言った。可愛い。

 「そうだ、今日、起こった事を纏めて見ないか」

 「赤坂(あかさか)の・・・」

 「そこからじゃなくスーパノバ以後を纏めよう」

男はアイドルの一日も興味津々なのだが、生き延びる方策を聡明な彼女と
考える方が良いと判断した。賢明で有る。本来の意味と彼女に高感度を持た
れるのは、この方が良いだろう。

 「19時前にスーパノバが起こり、めぐたん が火傷するぐらい強い電波
を伴った光に包まれた」

 「電気・電話などインフラが途絶した」

 「そうだラジオはどうかな」

スーパーノバの光が届いた時、外に持って出たラジオは残念ながら極強烈
電波を受けて壊れた。男は、災害用手回し発電機付きライトに付いている
ラジオのスイッチを入れた。

 「ラジオは生きているみたいだけど放送が無い見たいだ」

 「回復するとしたら最初に回復するのがラジオだから、定期的にチェック
し様と思うので覚えていてね」

 「政府の災害対策は分からず」

 「避難所、小中学校や公民館は、どうしているの」

 「買い物の帰りに覗いて見たけど何もして無い」

 「明日、買い物時に調べて見よう」

 「今、この家どう成っているの」

 「2Lの飲料水6本、オレンジジュース2L1本、コーラ1.5L1本、
米10kg、スパゲティ一2kg、ラーメン10袋、野菜果物、冷凍食品て
処かな。そうだアイスが溶ける。御免ね残飯整理見たいで」

 「暫くは、悪く成る物から順に残飯整理ね」

彼女はクッスと笑いながら言った。可愛い。自分だけが可愛い笑顔を独占し
ている。

 「水は浴槽にお湯を入れてある」

 「トイレが流れ無く成ったらバケツで運んで流そう」

まだ水道は出ていたが、断水間近で有ろう。アイスを食べながら。そう、
部屋はまだ暖かい。

 「スーパノバってどおして起こるか分かる」

 「太陽のような星は、水素を核燃料としてヘリウムを核融合し作成し、
段々重い元素を作って行くのですが、鉄依り重い元素を融合する時には、
核融合で熱が出るのでは無く、エネルギーの吸収が起こって熱エネルギーで
膨張していた星が全体の重力で星の中心に向かって収縮を始め、密度が、
総ての原子核が押し付け合うまでに高まるの、すると原子核の陽子がプラス
電荷同士電気的に反発しバネが限界まで圧縮された直後に跳ね返る様に
大爆発を起こす」

 「凄い、ほぼ正解。何も見ずに空で言えるとは、何処の先生ででも
合格点。さらに太陽が精々赤色巨星で終わりスーパノバを起こさないのに対
してベテルギウスが巨大な質量の為白色矮星を経て鉄元素が作られるまでの
核融合サイクルを説明すれば、満点」男は、彼女の知識に驚き、また、変に
対抗心を燃やした。彼も調べては、いたのだ。

 「何時まで続くと思う」

 「私の知っている話では藤原定家の名月記に昼間でも星が見えたと記述が
ある事ぐらいしか解らない」

 「蟹星雲の話だね」

 「一瞬にして終わると思っていたけど続くのね」

男は言った。

 「1987年にスーパノバに成った1987A超新星は、発見時マゼラン
星雲中の小さな点だった物が数日中に千倍の明るさに青色から赤くなり明る
さが減じて来たそうだ」

 「私の生まれる前だ」

 「あれ、そういえば少し赤みを帯びている気がする」

 「実は続きが有るんだ」

 「1987Aの話の続きですか」

 「そうだよ、それから数日後、再び明るく輝き、1年後には完全に消えた
との事らしい」

 「スーパノバの時、鉄依り重い物質が作られる話は知っているよね」

 「金やウラン等ですよね、それらの物質は、過去のスーパノバで発生し、
地球のそれら重い元素もそれで出来ていると習ったわ」

 「ご名答、君みたいな学生が居るのなら大学の講師遣りたい」

本音で有る。賢くて美しい彼女が学生なら是非、教授したい。

 「ウランと言ったね、ウラン以外にも放射性物質が大量に生成されるん
だよ」

「原発で事故が起こった時、制御棒で核連鎖が停止したのに原発の出力
10パーセントの熱が発生してメルトダウンが起こった事は覚えているね。
その時の熱が崩壊熱と呼ぶ現象なんだよ」

 「その崩壊熱が大規模に起こるんですよね」

彼女の理解力には舌を巻いた。しかも進行形で話をした。これから起こる
事を予測している。窓の外は少し赤みを帯び多少暗く成った。

 「実は猫ちゃんたちが居るんだけど」

 「大好き」

アイドルは、小動物を嫌いとは言えない筈。でも犬派・猫派と明確に好みは
分かれる。猫を嫌う人は、永遠に無理だ。彼女の『大好き』は本音だろうか
心配だ。

 「デートの邪魔に成ると思って隔離してたんだ10匹オーバーなので引っ
掻かられると困ると思って猫炬燵に押し込んでいたんだ」

男の腕には小さな無数の引っ掻き傷が有った。

 「大好き、会いたい」

 「気をつけてよ。噛む子も居るし人間も毛皮付きと思っているかの様に
遠慮無く引っ掻いて来るから」

猫の部屋の扉を開けた。猫トイレの匂いがした。彼女にも何匹かじゃれ付い
た。生後数ヵ月から半年程度の仔猫です。ヤンチャ盛り一寸危険。

 「可愛い」

すっかり手懐けてしまった。爪の攻撃も難なくかわし上手その物だ。

 「僕は、こっちの猫部屋で寝る」

寝ると聞いて彼女は、身構えた。男は、この表情を出さ無ければ自分に取っ
て都合良く完璧なんだがと思った。火傷を負っている彼女を襲う訳が無い
じゃないかと心の中で反芻した。

 「君のベッドは、ソファベッドを用意するよ」

男は書斎のソファをベッドに変形させた。

 「横じゃなくて前に広がるんだ」

 「そうだよ、少し大きめのソファベッドなんだよ。例の父娘株主総会騒動
の高級家具屋で買った物だよ」

シーツ・毛布・掛け布団を用意した。

 「まだ眠く無い」

男はドキッとしたが、彼の考えている事とは違う意味で有る事は彼にも
分かった・彼女の夜は遅いのだ。

 「ミルクココアとシフォンケーキ食べようか」

 「ええ、暖かいココア飲んだら眠れるかな」

男は、カセットコンロでミルクを温めた。ココアとケーキを楽しみながら
男は言った。

 「時間つぶしにボードゲームでもし無い」

 「ボードゲームなんて小さい頃、お正月に親戚のお兄ちゃんと遣ってから
暫くぶり」

 「ルールの簡単なチェッカーなんてどうだろうか」

 「チェスのオマケ見たいなゲームね携帯ゲームにも有ったけどした事が
無い」

男は、今度ばかりは優越感に浸れると思った。彼女の純潔を守っているのだ
からこれぐらいは許して欲しいと思った。純潔を守るのは当たり前、魅力的
な女の子が傍らに居ても手を出しては駄目なのは当たり前、まして国民的
アイドルでしかも火傷を負っているのだぞ。

 「8×8のチェス盤の白い所だけ使います、コイン状の駒の地味な方が表
で王冠の絵が有る方が裏、赤い駒・黒い駒、それぞれ盤の白い自分の陣地に
三列に表側にして並べます」

男は、並べて見せた。

 「どうするの」

 「敵陣に向けて、斜めに一桝進みます」

彼女の赤い駒を動かして見せた。

 「敵の駒が1個有ってその駒の後ろが空いていたら敵の駒を飛び越して進
みます。この時、敵の駒をゲットします」

 「フライングゲットね」

NKNのヒット曲で有る。

 「あの曲、こういう意味だった」

 「違うけど言って見たいの」

勿論、友人達との紳士協定を破って気に成る異性を早くゲットする事を歌っ
た曲だ。男は、一手で連続して敵の駒をゲットするパターンを何パターンか
並べて説明した。

 「前に進むのは分かったけど最後まで行ったらどう成るの」

 「するどい、良く気づいたね。最終ラインまで行くと駒が王冠に裏返って
バックも出来る様に成ります。その時、引き続き飛び越せる駒が有れば、
飛び越せる駒を全てゲット出来ます」

男は、動かして説明した。
 「他に敵の駒がゲット出来るのにゲットし無かったら違反に成りますので
お互いに注意しましょう」

 「先攻、後攻どっちにする」

 「ジャンケンで」

言うなり拳を突いて来た。NKN式のあのジャンケンだ。男はあっさり負け
た彼女が先攻した。男は、自陣の最終ラインの駒を動かさ無い様にして彼女
の駒が裏返りバック出来無い様にして彼女の駒を動かせ無くさせ、自身の駒
は、王冠に成らせて自分の番手で前進後退を繰り返し自身の駒が不利に成ら
無い様にして勝った。

 「動け無く成ったら負けなの教えてくれ無かったじゃ無い」

勝負に対するトップアイドルの意地は半端では無かった。5戦して3戦彼女
が勝ち越した所で明日スーパーの開店に間に合うように起きる為、眠ると言
って猫炬燵に入って行った。生後数ヵ月程度のまだまだ可愛い仔猫が居無か
った。彼・彼女達は、引っ掻かれるのを我慢すれば快適な暖房器具だが、
めぐたん の居る書斎に彼女にじゃれ付きながら付いて行った。少し寂し
い。彼女は、眠く成るまで仔猫をあやしつつ、音楽プレーヤーを聞きながら
読書した。

次は『被災後』
目次は、『ベテルギウスの夜に改プロローグ』にリンクを張っています!
関連して『ベテルギウスの夜に解説』で特殊な語句を解説しています!
オリジナルの『ベテルギウスの夜にプロローグ』は元々のテキストにリンク
を張っています!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

michizane

作家を目指します。約30年間画像処理技術の基礎アルゴリズム作成者として過ごして来ました。画像処理ライブラリと使用方法を公開しようと考えて居ますが、硬い物の前に柔らかい物を発表します。 最近は『闘病記』マガジンに時事ネタのエッセイを載せています。

ベテルギウスの夜に改

長編近未来小説の性行為セックス描写を微に入り細に入り記述したハードコアバージョンと出来るだけ抑えたソフトコアバージョンと 実験的に記述して見ました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。