ベテルギウスの夜に改S編_佐渡結婚

ベテルギウスの夜に改S編:佐渡結婚

ベテルギウスの夜に改S編:佐渡結婚
《人智を超えた美少女に出会うとは・・・・》


この作品は、『毒舌女医処女喪失?』の続きです。


 佐渡と高橋の結婚式が六月に行われた。親族と友人だけでこぢんまり行う
予定だったが、正一位太政官兼総理大臣を始め有力者からの花と祝辞に圧倒
された
花嫁のブーケは、めぐたん が受け取った

二次会で鷲尾掴美の弟と知り合った。腹違い父親の浮気相手の息子で有る
自分の娘に仕合わせは掴み取れと掴美と名付ける位で有る。認知は、直ぐし
たが、母親が育てたらしい。小学校教諭をしている。何と佐渡と高橋の顛末
と姉の処女喪失の件を知っていた。呆れるほど仲の良い姉弟だ。
武田明と名乗った。暫く歓談後、武田は道真に言った。

 「師匠、お願いが有ります。僕は、童貞何です

また童貞卒業か、相手はどうするんだ。佐渡は、新婚で応じ無いだろう。
姉の掴美は、幾ら何でも不道徳過ぎる。残りは、俺の彼女、絶対に駄目だ。
道真が、あれこれ考えていると続きを言った。

 「彼女も処女何です

それは良かったね。勝手に『痛い』、『御免、御免』と遣ればと思っていた
ら、とんでも無い事を言い出した。

 「実は教え子で小六何です。去年の担任でした」

道真は、思わず言った。

「犯罪だぞ。完璧に」

めぐたん も言った。

「処女膜が破れる傷害罪で強制性行致傷と成るので懲役3年と重百八叩き
が、併用される筈です」

武田は弁解する様に言った。

公証役場で彼女が十八に成ったら籍を入れるとの公正証書を作り、彼女
の両親に結婚を受諾して貰いました

 「それなら、後6年待てば」

道真は当然の様に言ったが、武田は、次の様に反論した。

 「彼女が、愛の証が欲しいと嘆願するんだ」

その女の子の写真を携帯で見せながら言った。因みにこの時点でも通信
インフラは、復旧して無かったが、彼の携帯自体は大災害の強電波障害を
乗り切った見たいだ
奇跡の美少女が居た

めぐたん が言った。

この子が芸能界デビューしたら、大変な事に成るわ。失業しちゃうかも
しれ無い。綺麗過ぎる。魅力的過ぎる。可愛いにも程が有る

数多くの美少女を見て来たトップアイドルが、舌を巻く美少女だった。琴乃
の写真は、正面立姿だけでなく顔のアップ、背面、手・眉毛・睫・鼻・口元
のドアップ大量に有った。武田の腕前は、上手いとは言え無いが被写体が
素晴らしい。このままでも写真集ならメガヒット間違い無いだろう

道真は嫉妬した。あんな若造が奇跡の美少女を抱く何て一回りも違う教え
子だろう。一寸待て親子程、年の離れたアイドルを抱いているのは、誰

道真は考えた。彼女を抱けば、重百八叩きが待っている。いや、めぐたんは
佐渡と共謀して地獄の拷問を行うに違い無い。絶対に嫌だ。しかし最低でも
全裸は拝みたい。男として当たり前だ
。道真は言った。

 「前向きに検討し様」

武田が言った。

 「便利な言葉ではぐらかさ無いで下さい」

道真が答えた。

僕も琴乃ちゃんには会いたい。許されるなら触れたい。でも問題が多過
ぎる
よ。考える時間がいるんだ」

触れたいと言った直後、めぐたん に柔らかい太腿の付け根を抓られた
問題の一つで有る。
 佐渡夫婦は、新婚旅行に韓国に旅立った。統一後の視察を兼ねてで有る。
海路、北九州から、釜山へ渡り平壌まで回るそうだ。一ヶ月は帰って来無
い。佐渡に引っ掻き回される事は無いが利用も出来無い。駅で寝台列車を
見送った。個室だったから、初夜は揺られながら遣るのだろう。
道真は、めぐたん のホテルに泊まった。一ヶ月以上、ご無沙汰だ。今日の
彼女は、和礼装だった

 「和服畳んだら長襦袢姿で寝て欲しいな」

 「お風呂、入ってから着てあげる」

 「君の匂いに溺れたい。久振りだからお願い」

ここから、改S編とソフトコアバージョンなのでセクシーな描写を控える為
大幅に記述を端折ります?!セクシーな描写を楽しみたい方は、『ベテルギ
ウスの夜に改H編:佐渡結婚』
を読んで楽しんで下さい!!

暫く続け、彼は仰向けにベッドに倒れ込み騎乗位にし、彼女が腰を振った。
熱い襞が熱く依りいっそう纏わり付く極上の感触を味わい、一戦目は終了し
た。洗いっこしながら彼が言った。

 「籍いれて一緒に住もうか」

 「私は、ウエディングドレスが良いな。あん、気持ち良い」

「式は、まだ先。琴乃ちゃんにセックス指南するのに未婚の男女じゃ都合
が悪いだろ」

「嫌だ。つまん無い、アン、イーイ。ここでそんな話するのイーイ、卑怯
よ。気持ち良い。それに、アン、未婚の男女って私も、アン、協力しろって
こと

頼むよ。勿論、君には指一本触れさせし無いよ。唯、実況して呉れれば
良いんだ。遣ってみて

彼は、項を嘗めた。素直に実況が始まった

 「イャン、項、そこ感じるの、イーイ。嘗めているわ。アン、気持ち良
い」

 「そう、その調子」


ここからも改S編とソフトコアバージョンなのでセクシーな描写を控える為
大幅に記述を端折ります?!セクシーな描写を楽しみたい方は、『ベテルギ
ウスの夜に改H編:佐渡結婚』
を読んで楽しんで下さい!!

分身をコンドームの上から洗い、外しても洗った。彼女が言った。

 「非道い痛かったわ、アナルするなんて。行き成りよ」

「御免、でも気持ち良く成っただろう。行き成り遣ら無いと許して呉れ無
いでしょう」

嫌だ。実況に夢中で気が回ら無かったのよ。でももう抵抗無く成っちゃ
った。次からは言ってよね

ありがとう。実況良かったよ。これを処女と童貞の二人に聞かせて洗い
っこで気持ち良くさせるのが第一ステップ。これが、無理なら、6年間待っ
て貰おうよ

 「そうね。洗いっこで気持ち良く成らなければ無理よね」

ベッドでの二回戦は、愛撫省略の正常位から側位を経て俯せバックを楽しん
だ。彼が言った。

 「ベッドでもアナル楽しむよ」

バックでオルガスムに達した直後アナルに挿入した。胸を背後から愛撫しな
がら優しく腰を動かした。窮屈で気持ち良い。彼女も嬌声を上げている。

 「イイ、これもイイーイ、イャン、イクかも」

暫く楽しんだ。彼女の様子が、おかしい

 「イヤー、出そう

聞くと彼は、慌てて抜いた。彼女は、トイレに駆け込んだ。彼は、
バスルームに入り、コンドームを外し洗った。スッキリした顔でトイレから
帰って来たが、今日は、飲みたく無いと言った。彼は、コンドームを再び付
け騎乗位をせがみ彼女の中で果てた。彼女が言った。

 「コンドームしているからなのね。貴男が、発射しても感じ無かったわ」

 「次は、生(なま)で発射したいな」

 「駄目、前は3年間と言ったけど2年間で良いわ。今は駄目よ」

彼女のシークレットゾーンをティッシュで拭きながら言った。

 「佐渡夫婦は、どうするのかな」

「先生達、懐妊旅行らしいわよ。先生の進めていたプロジェクト軌道に乗
ったから、政府の仕事解任後は、子育てに専念すると言っていたわ」

さて佐渡夫婦、二人は、偶然にも同じ日に生まれている。現時点の立場か
ら婿入りを決意した
らしい。キャビンに入り裕次は、落ち着きを取り戻し
た。挨拶に疲れたのだ。予想していたといえ、大病院の後取り娘で独裁政府
の実質的リーダの一人が丸季で有る
。花嫁の姿もろくに見てい無かった。

丸季の旅姿は、白い日除け帽子に白い手袋、透ける素材のノースリーブの黒
いワンピース、ハイウエストの皮の白ベルト、白いハイヒールに白い素足、
ストッキングは穿いて無い。

 「丸季、セクシー過ぎる。新婚旅行なんだよ」

 「だって、もう夏よ。今年はベテルギウスの影響で特に暑いのよ」

 「俺、欲情しちゃった」

言うなり、ベッドに押し倒した。ベルトを外しパンティに手を掛けた。
彼女が言った。

 「懐妊旅行よ。好きにして良いわよ


ここからも改S編とソフトコアバージョンなのでセクシーな描写を控える為
大幅に記述を端折ります?!セクシーな描写を楽しみたい方は、『ベテルギ
ウスの夜に改H編:佐渡結婚』
を読んで楽しんで下さい!!

丸季、本音を言うとね。君には、暫く妊娠して欲しく無かったんだ。
でも気持ち良いよ。生は

大丈夫よ。明日の滋賀県知事との会談を皮切りに精力的に動いて上げ
る。貴男の琵琶湖運河計画、進めて見せるわ
。イイ、ここで出しても良い
わ。気持ち良い」

琵琶湖運河とは、日本海と太平洋を琵琶湖経由で結ぶ閘門式運河を通し、
地球的規模で海運を省エネの柱に据えたなら、是非欲しい水路です。しかし
大規模な地域的環境破壊が起こるのは、明白で有る
。太政官政府は、物流の
柱を道路から、水運・鉄道等へシフトさせているが、同時に環境オタクたち
の巣窟で有る。地元の環境団体を説得出来るかどうかに掛かっているのだ。
裕次は、生の肉棒への肉襞の攻撃に堪えられず、二回目の発射をした。
明日の京都と大津のレセプションの事を考えセーブし様としたが肉の欲望に
は勝てず、ベッドで熱い夜を過ごすので有る。

ここからも改S編とソフトコアバージョンなのでセクシーな描写を控える為
大幅に記述を端折ります?!セクシーな描写を楽しみたい方は、『ベテルギ
ウスの夜に改H編:佐渡結婚』
を読んで楽しんで下さい!!

 「イクー、良いわ。愛撫、上手く成っている」

翌朝、ダイニングカーで和定食を二人で食べた。ご飯、みそ汁、焼き鮭、
玉子焼き、香の物だった。
京都では歓迎された。それは、そうでしょう。佐渡の人気さる者琵琶湖運河
が出来れば、京都が再び、世界的な都市として認知される。大津では、
環境派と熾烈な遣り取りの後、結論は持ち越した
大津の宿で丸季は、自身
のSM観が変わる事態に遭遇する

一方、道真は、この日は休みを取っていた。彼と めぐたん の愛の巣捜し
で有る
鷲尾の住むマンションに空きが出そうとの情報を知らせて貰ってい
た。まだ越して無かったが、内覧出来た。バスルームは広く寝室に直結して
いた
。即、契約した。2週間後、入居可能だ。鷲尾に挨拶に行った。
ショートパンツとタンクトップ姿で迎えられた

色っぽい、興奮したが自重した。引っ越せば何時でもチャンスは有る。彼が
言った。

 「有り難う御座いました。契約して来ました。もう直ぐしたら、ご近所で
す」

 「良い部屋だった物ね決断、早いわね」

 「ところで明さんの話、ご存じですね」

 「琴乃ちゃんの件、仕様が無いわねえ。ご迷惑でしょう」

 「前向きに進めているので先生にも何か、お願いすると思います」

 「何を企んでいるの」

めぐたんが隠れていた。手には百八叩きで使用した竹刀が、握られていた。

 「何で君が居るんだ」

「今日は、オフなの。鷲尾先生の所に貴男が、来ると知って見張っていた
の」

 「非道いな。疑っている。今日の先生の色っぽさにも誘惑されなかったん
だよ。偉いでしょう」

彼は、自重して良かったと思った。

「一寸、早かったかな、出るの。でも浮気性は、直った見たいね。ところ
で先生に何させるつもり」

 「明君のテクニックの訓練相手。勿論、姉弟の一線は、守ってだけどね」

鷲尾が言った。

 「一線って何処まで」

「明君には、水泳パンツして貰い。姉弟で洗いっこして女の子を気持ち良
くさせるテクニックを覚えて貰おうかなと」

 「良いわ。遣って見る」

めぐたん が言った。

 「先生、良いの姉弟よ」

 「洗いっこよ。弟が姉を洗うだけよ。何処の宗教・道徳でもOKの筈よ」

 「貴男、賃貸契約して来たのね。何時、引っ越すの」

 「今月中に引っ越したいね。そしたら籍を入れて一緒に住もう」

 「あら、おめでとう。お酒有るわ。祝杯を上げましょう」

ロゼのシャンパンを出して呉れた。スナック菓子しか無かったが、一瓶空け
るとウィスキーのハイボールを飲んだ。三人共気持ち良く酔った。気が付く
と三人は、バスルームで洗いっこをしてい
た。掴美が言った。

 「貴男達が、越して来たら楽しめるのね。嬉しいわ」

めぐたん が言った。

 「イャン。酔ったからよ。でも気持ち良い」

彼が言った。

「越して来ても、まず明君の件を片づけなきゃ。掴美くれぐれも一線を越
え無い様にね」

 「今日は、一線を越えるわよ。イーイ。気持ち良い」

ここからも改S編とソフトコアバージョンなのでセクシーな描写を控える為
大幅に記述を端折ります?!セクシーな描写を楽しみたい方は、『ベテルギ
ウスの夜に改H編:佐渡結婚』
を読んで楽しんで下さい!!

掴美にも行った。めぐたん は、酔いと性感でぐったりしている。掴美の狭
い狭いバギナを楽しんだ。掴美もオルガスムに達した。彼は、抜くと掴美の
口に当てた。彼女は、美味しそうに飲み、舌で嘗め綺麗にした。この日は、
精力剤も精力食も食べて無い。朝、めぐたん としたから二発目だ。
シャワーを浴び自宅に帰った。

《次は『大津の夜』
目次は、『ベテルギウスの夜に改プロローグ』にリンクを張っています!
関連して『ベテルギウスの夜に解説C』で特殊な語句を解説しています!
オリジナルの『ベテルギウスの夜にプロローグ』は元々のテキストにリンク
を張っています!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

michizane

作家を目指します。約30年間画像処理技術の基礎アルゴリズム作成者として過ごして来ました。画像処理ライブラリと使用方法を公開しようと考えて居ますが、硬い物の前に柔らかい物を発表します。 最近は『闘病記』マガジンに時事ネタのエッセイを載せています。

ベテルギウスの夜に

小説『ベテルギウスの夜に』を掌編づつ小分けで記載する マガジン プロローグに各掌編のアブストラクトを目次的に解説しています。 官能小説の色が濃いいがSF小説です。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。