Yoko Shimomura

ゲーム音楽とか書いたりしてます
00:00 | 00:30

【シーケンサーとショパンの思い出 ③終】

 前回からの続きです。

 作曲ソフトを「Performer」に変更した頃、私が実際にピアノで弾くそのエチュード(ショパンの『エチュードOp.10-4』)は、通してギリギリ弾けるかどうか、ミスタッチは多くテンポは超遅い、ってレベルでした。なので、だったらこの曲を私がどんなふうに弾きたいかをデータでやってみようじゃないの、丁度いい打ち込みの練習になるんじゃ

もっとみる

【シーケンサーとショパンの思い出 ②】

かなり間が空いてしまいましたが(お約束w)前回からの続きです。

 そうやって私はMac+「Performer」という環境にいきなり変わって「Parasite Eve」の開発のためにロスに出向しました。PV曲を作るときはなんとか試行錯誤して曲を完成させましたが、とにかく効率が悪かった。当たり前ですが操作方法が全く違うので、今までに慣れていてパパッとできていたことが時間がかかってしょうがなくて、これ

もっとみる

【シーケンサーとショパンの思い出 ①】

日本語は難しいですねぇ。このタイトルじゃ「『シーケンサーとショパン』の思い出」なのか「『シーケンサー』と『ショパンの思い出』」なのかわかりません(笑)。

 作曲家にとってシーケンサーとはいわゆる「作曲するソフト」のこと。有名なのはLogicなど。私は現在MOTU社の「Digital Performer」というシーケンサーソフトをMacで使っています。ここに辿り着くには変遷がありました。

 カプ

もっとみる

【片思い】

昔良く言われたのは「君にはハングリー精神がない」。どうやら音楽家はハングリー精神がないとダメだ的な空気があったかもしれない。でもハングリー精神って何よ、4畳半一間でもやし食べながらいつかビッグになって故郷に錦を飾ってやるって夢見ることかしら(こんな話、イマドキの若人にはわかんないよねw)。実際、昭和の時代には苦節○年、みたいなのが流行った頃があったけど…。いや、違うと思うんだよね。作家のハングリー

もっとみる

【勝負は好きだけど競争は嫌い】

note始めたものの、イマイチまだ使い方がわからないw マガジンって何だ?これから勉強します…。

 半世紀生きちゃいましたよ。半世紀。すごいなー。徹夜も多く不規則な生活、食事も不摂生なのに健康で今まで生きてこれたのは本当にありがたいことだと思う。もう残りの人生はあと少しなのかな、と、思うこともあるけど、基本、私は100歳まで生きるつもりなので、まだ折り返し地点w 「美人薄命」や「天才は早く死ぬ」

もっとみる