夜の窓辺

よくわからないけど

今はしあわせ。

心配も多くあるけれど

不安は鋭くスラッシュみたいに

心に刺さってくるけれど

このひとりの部屋が

静かですこしあたたかい。

だから大丈夫。

あしたからはもう少し前へ。

進めるように

自分自身を抱きしめる。

祈るように眠る。

できれば、どうかわたしが眠る間の数時間

祈りながら抱きしめていてほしい。

強く強く祈りを込めて

ララバイを歌ってほしい。

明日の朝、きれいなわたしが笑顔で外に出られますように。


親愛なる自分自身。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

限りなくうすい希望をポッケにいれる

美大に通い始めて4年目です。 星屑のようなささやか元気でコラムやエッセイを書きます。

midnight lullaby

夜だね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。