TAAR「Music Never Save Us」について


2017年にリリースされたTAARのアルバム『Astronotes in Disco』。

表題曲は本当にアストロノーツがディスコしてるじゃん、って感じで最高です。聴けばわかる。アルバムを通しての宇宙感もたまらない。最初の「Intro」から2曲目の「Music Never Save Us」に繋がってアルバムが始まるわけです。DJの作るアルバムは曲の流れも美しいのか。

聴きながら読んでもらえたらとても嬉しい。

私たちはこのアルバムを聴く際にまず、「Music Never Save Us(音楽は絶対にてめーを救ってなんかくれないからな)」と言われるわけです。そんなに「殴るぞ」みたいな勢いでTAARさんは作っていないかもしれません。とにかく、このタイトルの曲をまず聴くことになる。とってもいいアルバムの最初が、これなの。なおさらいい。

ディスクレビューをしたいわけではない。でもしばらく「Music Never Save Us」という言葉に憑りつかれていたのでそのことをば。

おまけの話だけど3曲目収録の「Come Together feat. iri」も大好き。中尾有伽ちゃんが可愛すぎ消えちゃいそう(?)。


音楽は私たちを救っちゃくれないです。音楽に救われた、なんて幻想。だからこのアルバムを初めて聴いたときに「わかるぅ~!」って心の中で叫んだ。本当に救ってくれないんだもん。音楽は魔法じゃない。かも? 弱気。

自分が救われる過程に音楽が手助けをしてくれることはめちゃくちゃある。このアルバムだって日々、私の足取りを軽くしてくれているし。でも音楽の力だけが心の芯を完全に救ってくれることはない。結局、自分を救えるのは自分だけ。


他人のことはよく知らないのでどうしても自分のことで例えてしまうことを許してほしい。

例えば、私が失恋したとする。大いにへこむ。私はへこんでいるときに元気な曲を聴いて一緒にハッピーになる、みたいなことができない。へこんでいるときには素直にへこんでおいたほうが後々の自分のためになることもわかっている。だから椎名林檎とかイツエとかaikoとか、聴いちゃう。自分のことをわざとボコボコにしているみたいだけど、そうやって1度、気持ちを地の底まで落とす。シンプルに元気な曲を聴いて元気になりたいさ、本当は! 

さよなら、まぼろし」を聴く。”終わりある物語はとても幸せだ”と歌われて「本当かなあ~わかんね~! 」とか言いながら泣いたりする。カラオケで「えりあし」を歌って勝手に死にそうになったりもする。悲しくて仕方ないし、きちんと向き合ってしまう。逃げたいけど私の性質がそれを許してくれない。それでいい。

そうこうしていると、ふっと心が大丈夫になるタイミングがやってくる。おいしいパンを食べたときとか気温がいい日とかに。漠然とした「もう大丈夫」がやってくる。それはきちんと悲しみに対峙する期間中に、大丈夫になる材料を揃えているから。多分、悲しみをある程度やり尽くしたときがそのタイミングなのだと思う。


音楽に手伝ってもらったり、おいしいものを食べたりお酒を飲んだり友達と話したり、というものは全部材料。とっても大事な要因だけど材料でしかないのは事実。だって友達と遊んで楽しくても、夜には失恋した彼のことを考えて泣いていたりするでしょう?「お酒飲んで忘れよ! 」はただの誘い文句でしょう? 

(今、書いても書いてもこの件について上手く伝えることができないことに気づいてしまって焦っている)

恋愛も仕事の失敗も、よし大丈夫! って歩き出すときには絶対に自分の足で立ち上がっているはず。自分を振り返ってみて、「イツエが終わりある物語は幸せって言っているから大丈夫」ってだけで次の日から本当に大丈夫になっていることはなかった。

幸せもそう。音楽が楽しくて幸せなときはある。でも自分が本当は悲しんでいるときにもし、TAARさんのDJを聴きに行ってそのときは幸せでも、帰ってきたらまた悲しみが押し寄せてくる。TAARさんのDJは最高なのに。それはまだ自分が自分を大丈夫にできているタイミングじゃないから。


だから音楽を聴きまくることで幸せだと錯覚している人や、他人によって幸せにしてもらおうと、常にその姿勢で生きている人が嫌い。言っちゃったよ。たまに救われないとわかっているのに、ずっとそういうやり方に逃げている人っているのよね。そっと関わらないようにするだけ。自分を自分で大丈夫にしているときは無音でも1人でも大丈夫。私だけだろうか。心配になってきた。だってそれはきちんと心が救われる手段じゃないんだもの。

自分の周りの人がそういうやり方で幸せになりたがっていたり救われようとしているのを見ると心が痛い。「そうじゃないよ」って伝えるしできる限りのことはしたいと思っているけど、本当の大丈夫になるスイッチに他人である私が触れることはできない。本人たちに自分の救い方をわかってもらうしかない。またはわからなくてもスイッチが押されるタイミングが来るのを待つしかない。救い方を自覚することも、他人がどれだけ言っても伝わらないときは伝わらないもの。最近はそういうことが多くて気が滅入っちゃう。


繰り返し言うけど、音楽もご飯も本も友達も、助けてくれる大事な存在である。大事にするべき。ただそれに依存してしまうのはだめ。自分の軸は絶対に音楽でも友達でもない。自分で軸を持たないと、幸せだって地に足がつけられない。

そういうことを考えて「Music Never Save Us」という音楽を作ったのかなぁ。全然違う可能性は大いにあるなぁ。と思っています。

どうなんだい、TAARさん。答えは音楽に? 


TAAR

Twitter:https://twitter.com/taar88
SoundCloud:https://soundcloud.com/taar


-----------------------------------

inkyo

noteInstagram質問箱

続き→「音楽が魔法じゃなかったら、どうしよ?



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

珈琲を飲みに行きます

スキ!
21

koharu

review

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。