フィルムは魔性の存在かも???

こんなにお金かかって扱いが大変なのに、嫌いになれない(泣)フィルム代、現像代、スキャン代、プリント代・・・そして、デジタルで撮影を楽しもうと切り替えても、やっぱりフィルムならではの操作と出来上がった写真を思い出して、また手を出してしまいます。これは魔性ですよね!

理由はあります。一番の中毒性は、撮った写真がすぐに見れないことです!撮影欲はデジタルカメラで満たしますが、応急処置みたいなものです。すぐに消去するし。しかし、フィルムは消せません。だからこそ、撮影した瞬間がとても満たされます。1枚1枚の思いも詰まっているかもしれません。

デジタルとフィルムは状況によって使い分けます。しかし、出来るだけフィルムで撮れるような環境作りを目指します。魔性の存在と健康的に付き合っていくためには、良い作品を追求していくことが正しい道だと信じています。そして、ラボの方たちにどんどんオーダーしていきます!ラボが有って初めてフィルムが生きるので(^^)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。