安心感を失う気分

今日は祝日明けなので出勤時間が早めだ。そんな中、久しぶりに行きの電車内でこれを書いている。

以前なら「(出勤の時間内に)書けるだろう」という安心感があった。今は正直なところ書けるかどうか分からない。

書こうと思うネタもあるようでないようでの虚ろな気分をさまよっている。ただよく考えればそんな気分は最初だけの感情だ。

最初の数行さえ書ければそんな感情はなくなる。その事実は知っている。なんとか文字を伸ばし、続けて書くことができる。そこまでの域に達するまでが毎回、というよりも気分が下がり気味のときに限っては特に長い。

そういえばこのネタ前も書いたような気がする。唐突にそんなことを思い出した。自分をだまし他人をもだましているようにも思いつつ、とりあえずはこのまま書くことにしよう。

少し今の感情を混じればそれはまた違ったnoteに成る。そんな言葉を信じて投稿する。

メモ書き:同じnoteになりそうと思うのは自分の生活に変化がなかった、あるいは感じ取れなかった時。ダウンな気分と思い込まずに外に感情のアンテナを立てておきたい。

#日記 #エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはサムネイルに使っているダンボー撮影の小道具に使わせていただきます。

ありがとうございます。初心を忘れずに日々書いていきたいです。
18

migmin

思いつくままに Season2

思いつくままに書いてきた文章をここにまとめてみます。一人の人間のさらなる成長をお見せすることができれば幸いです。ここでは2017/08/08から2017/11/30までの内容がまとめてあります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。