暇と戦う

仕事の時間は決まっている。その時間まで手持ち無沙汰になったとき、どうすれば良いか。

自分はこのような暇な時間をなくすため、あるいは暇な時間になったならば手持ち無沙汰にならないよう人々に仕事を与える立場である。

繁忙期になればこのようなことはほぼなくなるからいいが、今の時期のような閑散期は特に暇な時間といのが多くなる。

正直に言うとこの時間がつらい。暇を喜ぶことができればいいが、「〜まで暇」というのは別物だ。そしてこの暇が辛いというのは分かっている。辛いのが分かっているからこそ自分が仕事を振らなければいけないのだが、その割り振る仕事もほとんどなくまたたく間に暇になってしまう。

暇に暇が重なるというのは不思議な話だがそれが今の現状だ。時間にするとわずか5分とか10分とかの話になるのだが時々永遠のような長さに感じることがある。

この永遠を感じなくなるのは3月の中頃ぐらいからだろう。それまでこの暇と戦わなくてはならない。

#日記 #エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはサムネイルに使っているダンボー撮影の小道具に使わせていただきます。

ありがとうございます。初心を忘れずに日々書いていきたいです。
16

migmin

思いつくままに Season3

思いつくままに書いてきた文章をここにまとめてみます。一人の人間のさらなる成長をお見せすることができれば幸いです。ここでは2017/12/01から2018/03/14までの内容がまとめてあります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。