耳が聞こえない自分が「LIVE」を楽しめるようになるまで

今週は「LIVE」をテーマにして、書いてみるよ。

「LIVE」というと、音楽やお笑い、ミュージカル等、色々あるけど、

今回は「音楽」について、ふれたい。

よくフェスティバルとかストリートライブとか色々な場面で

「LIVE」が行われているよね。

Facebookを見ても、「たのしかった!」「最高!」といったような感想が

書いてあるのをちらほら見掛ける。

うん、「LIVE」って楽しそう。

今、このブログを読んでいただいている方の中には、

疑問を抱く方もいるだろう。

耳が聞こえない人って、そもそも「LIVE」を楽しめるの?

その答えは、人によって違う。

じゃあ、私はどうか?

その「答え」は「NO」である。

でも「●●」があれば、「YES」である。

今回はその話をしたいと思う。

私は「高橋優」が好き。

今から4年〜5年前。大学4年生の時だったかな。

私はたまたまテレビを見て、「高橋優」の「福笑い」の存在を知り、

you tube で「福笑い」のMVを見て、好きになってしまった。

他にも色々な曲を聞いて、どれも素敵な曲であり、

「高橋優」の人間性に魅力を感じた。

そこで、たまたま12月に「LIVE」が行われるという情報を取得し、

私は、目の前にいる「高橋優」が「歌っている」姿をみてみたいという想いがあり、友達を誘って、いくことになった。

会場は「中野サンプラザ」で、席は2階席だった。

その日のために、私は高橋優の曲を何度も聞いて、歌詞と曲を覚えた。

とうとう「高橋優」がステージに上がり、

大きな拍手と歓声がわあっと聞こえる。その圧力がはんぱなかった。

そして「高橋優」が歌い始めた。

周りの人はわあっと騒ぎ出す、そして歌い始める。

そんな中で、私はキョトンとしてしまった…

あれ?今、何を歌っているんだろう?

と、真剣に目の前に歌っている「高橋優」の声に集中する。

でも、それでも分からなかった。

周囲の人々は「高橋優」と共に楽しそうに「歌っている」

そんな中、私は孤立感を感じてしまった。

こんな感じで、「LIVE」が終わってしまった。

帰り道に友達と話していると、「あの曲歌ってたよねー」とか「あの曲感動した、よかったよね」とか聞くと、「あ、あの曲歌ってたんだな…ああ、好きな曲なんだよ…聞きたかったなあ」とか「あの曲って結局どんな歌だったんだろう」と思いながら、友達とLIVEについて、共感できない辛さを味わってしまった。     

その時、私にとって「LIVE」は

目の前にいる大好きな歌手と共に、一緒になれない辛さを

ただただ味わうだけだったよ。

そんな苦しい経験があった。

時間は経っていき、そして私は3年目の社会人になった。

今でも「高橋優」のことは好きだが、「LIVE」には行っていない。

会社の同期が「高橋優」が好きで、私を12月に行われる「高橋優」の

「LIVE」に誘ってくれた。

その時、過去苦しい経験を味わったから、正直行くかどうか迷ったが、せっかくの機会だったので、行くという選択肢をとった。

それで、もし同じような経験をしてしまったら、次は行かないようにすれば、いいと思っていた。

その時の「高橋優」はあの時と比べ、有名になっていった。

あの時「中野サンプラザ」だった会場は、

今度いく会場は「武道館」だった。

そして「LIVE」の当日になり、「武道館」という会場へ入った。

その時の私は、緊張感が高まるとともに、「LIVE」を楽しめるかどうか、不安な気持ちが高まっていった。

そして、「高橋優」が「ステージ」に上がった。

同時に、あの時と同様に皆の歓声と拍手がわあっと盛り上がる。

そして歌い始めた。

胸に衝撃が走ったのは、その時だった。

大きな画面にリアルタイムに「歌詞」が表示されていた。

これがあれば、耳が聞こえない私でも

今何を歌っているのか、分かるようになる。

その時、私は涙が出るほど、嬉しかった。

私は、初めて味わった。

目の前にいる「高橋優」と共に「歌える」喜び。

「大好きな曲」をその場で「高橋優」に「歌ってもらえる」嬉しさ。

周囲の人々と共に「一体感」になれる楽しさ。

帰りに友達と「LIVE」について「共有」できる幸せ。

そして、人生で初めて「LIVE」ってこんなに素敵で楽しいものなんだ

ということが分かった。

中野サンプラザで味わった、「高橋優」と共に「歌えない」孤立感や辛さは既に消えていた。

必死に歌詞や音楽を事前に覚えなくても分かり、楽になった。

今回「LIVE」は、たまたま画面に「歌詞」がついていただけかもしれない。

運営側の人々にとって「小さなこと」をするくらいの程度かもしれない。

でも耳が聞こえない私にとって、

「歌詞」がリアルタイムで表示されていることは、とても大きなことだよと。

「LIVE」を楽しめるようにするためには、必要なことだよと。

当たり前に、「LIVE」に歌詞がリアルタイムで表示されるようになったら、

耳が聞こえない私にとって

「どのアーティストのLIVEにいこうかな〜♩」という選択肢が

出来るよ。これもまた人生において、大きなことだよ。

もし読んでいただいている方で

「LIVE」に関わっている方がいたら、是非ご検討いただけたら、嬉しい。

そして最後に。

障害は「人」にあるのではなく、

「社会側」にある。

その障害をどんどんなくしていき、

皆、HAPPYになれたらいいね。

********************************************

「高橋優」をはじめ、「LIVE」を運営されていた方々へ。

「LIVE」の楽しさを教えてくれて「ありがとう」

  私を誘ってくれた同期へ。

  あの時誘われなかったら、きっと私は「LIVE」の楽しさを味わうことができないまま、一生を過ごしていたところだったよ。「ありがとう」

中野サンプラザで一緒にいった友達へ。

  あの時、実は分かっていなかったんだ。嘘ついてごめんね。

  もしこのblogを読んで、びっくりさせてしまったらごめんね。

  でも一緒に行ってくれたおかげで、

  今回のLIVEにつなげることができたよ。「ありがとう」

********************************************

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

Miho

日々感じたことを言葉にして。そして新しい自分に変化し続ける。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。